BIGLOBE SIMを知る




ブロバイダーで有名なBIGLOBEが運営する格安simでスマホセット契約やYouTubeやGoogleplaymusicなど指定されたアプリでの通信が無制限になるプランなど面白いサービスが充実した格安simです。


特にSimフリーのiPhoneを申し込みができるようになったのは最大の特徴かもしれません。


ただしBIGLOBE SIMから直接申し込みできるのはiPhone6や6plusなので最新がほしい人はアップルストアで直接SimフリーのiPhoneを購入することになりますね。


では実際にBIGLOBE SIMはどのような人に取ってオススメになるのかを徹底的に調べてみましたよ。

BIGLOBE SIMのデメリット

  • 6GBプランに申し込まないといろいろなサービスが受けられない
  • 通話定額が3分のみと若干少ない
  • 端末を購入する人は損をする

BIGLOBE SIMのメリット

  • データプランが比較的安い
  • シェアプランがあるので家族使える
  • エンタメフリーがお得
  • BIGLOBEが運営しているので安心できる
  • 初月の基本料金が無料
  • Gポイントが貯まる&使える



メリットデメリットはこんな感じです。


デメリットが少ないと感じた方もいると思いますが、「6GBプラン以上に申し込まないと」というのが私の中ではBIGLOBE SIMの一番のデメリットだと感じています。


BIGLOBE SIM自体はいろいろな新しいサービスが登場していてこれからが楽しみな格安SIMだと感じてはいるものの、結局新しいサービスを申し込むためにはある一定のプランの申し込みが必要になってしまいます。


ではBIGLOBE SIMのプランから見ていきましょう。

BIGLOBE SIMのプランと価格一覧

BIGLOBE-SIMプラン料金表


プラン一覧はこんな感じです。


プランの種類も悪くないし価格もかなり抑えられています。


特に通話に関して言えば3分間の定額プラント、通話パックの2種類から選べる点はGOOD


ただし通話に重きを置いている人は3分間だと厳しいと感じますね。


最低でも5分間はほしいところ、5分定額が整っていてプランもしっかりしているのは楽天モバイルなのでこちらもチェックしてみてくださいね。


プランを1つ1つ見ていくと1GBの通話スタートプランから、3GB、6GB、12GBと4段階のプランから選ぶことになります。


ただし1GBプランは通話simのみなのでデータプランは選べない点に注意が必要です。


各プランともに価格の設定自体は低く抑えられていますが、BIGLOBE SIMを活用するには最低でも6GBのプランに申し込む必要があるので注意が必要です。

BIGLOBE SIMは6GBプランじゃないとダメな理由

ここが私の一番マイナスなポイントになります。


まずBIGLOBE SIMの一番のおすすめポイントは「エンタメフリー」というサービスです。


このサービスは何かというと、エンタメフリーに加入するとYouTube、Googleplaymusic、applemusic、amebaTVの4つのアプリを使用する場合は高速通信が無制限になるオプション機能です。


これだけ聞くと素晴らしーサービスですよね。


データ通信で多く使ってしまう原因は動画と音楽です。


その動画と音楽が月480円で無制限で使い放題になるという機能はかなり画期的


しかしこのオプションが申し込めるのは6GBプランと12GBプランだけ。


あとBIGLOBE Wi-Fiという全国で86000カ所にあるWi-Fiスポットの使用ライセンスが1契約につき1回線無料になるサービスもあります。


ただしこのサービスも無料になるのは6GBプランと12GBプランだけ。


ということは3GBプランや1GBプランでは申し込むことができないんです。


よく考えてみてください。


動画と音楽が無制限で使えて、全国86000個所の無料Wi-Fiが使える環境があるのに月に6GBのデータ量が必要でしょうか?


私的にはここがマイナスポイントで、素晴らしいサービスですが、ただ単に上位プランにさせたいだけと感じてしまいます。


さらには6GBプラン以上に申し込むと6か月間はさらに基本料が割引になるプランや、6GB+端末を申し込むと6か月間1000円引きになる割引サービスなどプランによっての差が激しすぎなんです。


格安simを考えている人は基本的に安くしたいことを前提に変更を考えていると思います。


データ通信がどうこうよりもまずは価格からくることと、データ量に関しても基本的に3GBという量がちょうどいい容量だと思っているので、3GBプランのメリットが圧倒的に少ないBIGLOBE SIMがあまりお勧めできない理由です。


3GBプランでも家にいるときは家のWi-Fiを使える環境にある人にとって見ればかなり使えるちょうどいい容量だと思いますよ。


BIGLOBE SIMを最大限に活かすのであれば6GBプラン+3分定額通話+エンタメフリーの3点セットになるので、この3点セットだと月々3280円と3000円を超えてしまいます。


私は格安simにすることを考えると2000円台までが1つの上限だと思っているので正直高いと感じます。


3280円だと3大キャリアの平均通信料金が6500円なので半額にならないので。


ですので私がもっともおすすめするプランは楽天モバイルの3,1GBプラン+5分通話定額で2450円のセットです。


通話は3分間でなく5分間の定額にアップするのでだいぶ余裕をもって通話もできるし3GBあるので普通に1か月使えます。


もし速度制限がかかったとしてもラインは普通に使えるので我慢もできますよ。


データ量がもう少しほしいという方は通話を抑える代わりにDMMモバイルの5GBプランに申し込めば、月々1910円+通話料で5GBプランに申し込めるのでこちらがおすすめ。


通話もデータも質を重視する方は楽天モバイル


データ量を重視する方はDMMモバイル


この形が通信料を50%以下にする秘訣です。


当サイト一押し!詳しい楽天モバイルの内容はこちら

楽天モバイルを徹底的に解剖してみた結果を大公開

楽天モバイル公式HPはこちらから


詳しいDMMモバイルの内容はこちら

DMMモバイルを徹底的に解剖してみた結果を大公開

DMMモバイル公式HPはこちらから




BIGLOBE SIMの契約について知る

実際に申し込みを行うには基本料のほかに以下の料金がかかってきます。

初期費用について

事務手数料:3,240円


シェアシム料金
追加手数料1枚につき;3,240円
データsim 月200円
SMSsim  月320円
通話付きsim 月900円


データプラン変更:無料


以上が初期費用として価格費用及び各種手数料になります。

解約期間について

データsim契約の場合
・解約期間の設定なし


SMS付きデータプランの場合
・解約期間の設定なし


通話付きデータプランの場合
・最低利用期間が12ヶ月
12か月以内の解約で契約解除手数料8000円


端末を同時に購入の場合
端末アシストパックになってしまうので最低利用期間が24ヵ月
解約手数料はアシストパックの種類によって変動
1か月で解約した場合、最大で3万円までの解約手数料がかかる場合があるので注意が必要。

申し込み方法について

ネット申し込み及び店頭申し込みも可能

電話番号の移行について

電話番号の移行についてですが、切り替え自体がネット上で簡単に行えるようになったため、スマホが使えなくなる期間は1時間程度とかなり短縮されました。


切り替え方法は

  1. 今契約しているキャリアのMNP予約番号を取得する
  2. BIGLOBE SIMと契約する
  3. simカードが届いたら開通センターに連絡して切り替えを行う

簡単に言うとこの3ステップです。


切り替えはすぐに行われるので基本的に普通になる時間はないです。

ドコモ以外で契約している人の注意点

BIGLOBE SIMはドコモの通信システムを利用した格安simなのでドコモの携帯を使用している人であればsimカードを差し替えるだけですぐにスマホを使用することが出来ます
(ただしandroidはデザリングが出来なくなります。)


しかしauやソフトバンクと契約している人はドコモのようにただsimカードを差し替えるだけではスマホを使用することができません。


基本的にキャリアスマホにはそのキャリアしか使えなくするために、simカードにロック機能を付けています。


このロック機能があるのでキャリアが違うから使えないよとなってしまうんです。


しかし、auもソフトバンクも2015年5月以降に発売されたスマホに関しては180日以上経っていればシムロックを解除することが出来るので店頭やネットから申し込みが行えます。


ただしauの端末では通信回線の構造が、ドコモやソフトバンクと違う構造になっているのでSimロックを解除したとしても、DMMモバイルで使えるとは限らないということに注意してください。


基本的にはSimフリーにさえすれば使えるのですが、機種によってはsimフリーにしても使えなかったという事実もあるようなので、必ず使用できる機種の一覧をDMMモバイルのHPで確認してください。


確認してもわからないようであれば問い合わせてみると確実ですよ。


auを使っていてなおかつ今使っている端末を確実にそのまま使いたいよって人は、au回線を利用しているマイネオ、IIJmio、UQ mobileの3社から選んで契約することになります。


電話番号の切り替え方法やsimロックの解除方法については別で詳しく紹介しますのでお待ちください



データ関連について知る

データ関連については多くの人が一番気になる項目だと思います。


このBIGLOBE SIMはドコモの通信回線を使用した格安Simなのでドコモで使用することのできる地域ではすべて使用することが出来るため基本的には全国で使用することができます。


データ通信に関して言うと混雑した時間帯に関しても比較的安定感のあるデータ通信ができる通信速度が備わっていました。


実際にデータsimのみ3ヶ月間使用していますが、遅いかなと感じることもないレベルです。


まだ使用期間が短いので何とも言えませんが私の住んでいる地域では問題なく使用できています


格安SIMの通信に関しては地域によってもかなりの差が出てきてしまうので絶対に大丈夫ということが出来ないのですが、今まで数多くの格安simを試してきた中でも安定感はあると思います

速度制限について

速度制限に関しては3日間制限はどのプランにおいても制限がかからなくなりました。

データの持越し

データの持越しは翌月まで持ち越しが行えます。


また、データを追加した分に関しては繰り越しという形ではなく、翌月に使わなかったとしても使い切るまで残る仕組みになっていますので買ったけど使い切らなくてなくなってしまったということがないのはうれしいですね。

データ追加について

データの追加は100MB/300円で追加購入することができます。


上記でも挙げている通り追加した分のデータ量に関しては使わなくても消えることがないので安心できますが、基本的に追加データ自体が割高なので購入するのではなくもし使い切ってしまったら我慢したほうがいいですね。


低速でもラインは使用することができるので数日間であれば乗り切れると思います。



BIGLOBE SIMの端末について知る

BIGLOBE SIMの問題点としてこの端末の取り扱い方にあります。


端末の購入はすべてセット購入のみとなってしまい、分割で基本料金にプラスされて支払いを行う方法になります。


この方法のデメリットは契約期間の縛りが通話simであれば12か月のところ、端末とセット購入にしてしまうと24か月に伸びてしまう点です。


さらに機種によっては期間内の解約で解約料金自体もかなり高くなってしまうので2年間は使用しなければいけません。


ただし機種料金自体の割引がありますという表現になっているので損をしないように感じてしまうのも実際はデメリットなんですよ。


端末の料金を見ていただければはっきりとわかると思います。


比較する端末【AQUOS SH-M04】
・BIGLOBE SIMの端末価格
1380円×24か月になるので
トータル金額は33120円
1月10日までの申し込みで3000円分のクーポンがもらえることを加味しても
30120円


楽天モバイルの端末価格
楽天モバイルの端末は分割でも一括でも購入ができきるので一括の価格でみると
26800円
しかも端末の購入をしても楽天モバイルの場合は最低契約期間は12か月のままなので圧倒的にお得です。


BIGLOBE SIMの購入自体正直わかりにくく端末の購入を含めて考えると安く見せようとする作りになっているので、ちゃんとした価格を知ることが必要です。


端末だけで見てもこれだけの差があるのにさらに最低使用期間も1年延長されるのは納得いかないと正直思いました。

端末紹介

端末に関して言えば10種類の端末から選べて、日本製もしっかりと用意されているので問題はないのですが、上記で上げている通りセット価格で購入することになります。


セット価格でうまく月額で表示して安く見せていますが、実際の価格は楽天モバイルの端末と比較しても割高になってしまいます。


しかも楽天モバイルの機種数のほうが多く販売されていて最新スペックまでしっかりと用意されているので端末をBIGLOBE SIMで購入することはお勧めできません。


端末のセットで考えるのであればやはり価格も安い楽天モバイルが圧倒的におすすめです。


BIGLOBE SIMの機種こちらから確認できます。

【BIGLOBE SIM公式HPへ】



端末購入に一番おすすめな楽天の機種一覧はこちらから確認できます。

【楽天モバイル公式HPへ】


キャンペーンについて知る

BIGLOBE SIMでは、機種購入割りなどの割引キャンペーンを定期的に行っていますので今行われているキャンペーンを紹介していきます。

 キャンペーン一覧

3000円分クーポンプレゼントキャンペーン

最大2017年4月まで


対象の2機種の中から機種を購入すると基本料の割引で使用することのできるクーポン3000円分がもらえるキャンペーンです。

スマホセット割り

終了期間未定


スマホとセット購入で6か月間1000円割り引きが行われるキャンペーンです。


ただし6GBプラン以上が対象になることと、機種とセットで購入するときのメリットが非常に少ないのでキャンペーンとしては・・・

基本料金初月無料

終了期間未定


BIGLOBE SIMで申し込みを行うと申し込みを行った当月分の基本料金が1か月分無料になるキャンペーンを行っています。

Wi-Fi接続無料

終了期間未定


上記でも挙げている通り全国86000か所のWi-Fiスポットでの接続が1回線無料で登録できるサービスです


非常にうれしいサービスですがこちらもやはり6GBプラン以上が対象と非常に微妙。




現在はこんな感じのキャンペーンが行われていますが、正直なとこと魅力ありとまではいかないと思います




詳しいのBIGLOBE SIMキャンペーンについては公式HPをご覧いただければ最新の情報や機種の情報がわかります。

【BIGLOBE SIM公式HPへ】




オプションプランについて知る

オプションサービス一覧はこんな感じです。

  • BIGLOBE SIM端末保障サービス 500円/月
  • BIGLOBE端末安心サービス 380円/月
  • 遠隔サポート 400円/月 初月無料対象
  • スマホバックアップ 500円/月 初月無料対象
  • お助けサポート 475円/月 2ヶ月無料対象
  • パスワードマネージャー 150円/月 初月無料対象
  • 訪問サポート 9000円/1訪問
  • セキュリティーセットプレミアム 380円/月 7ヶ月無料対象
  • インターネットサギウォール 300円/月 初月無料対象
  • 安心電話フィルター 300円/月 初月無料対象
  • 迷惑メールフォルダー 150円/月 初月無料対象
  • iフィルター 200円/月 初月無料対象
  • 留守電 300円/月
  • 割り込み電話 200円/月



オプションサービスはセキュリティー関連のサービスが豊富に用意されていると感じました。


特にiフィルターがあれば、アダルト、薬物、暴力などの有害サイトをシャットアウトしてくれるオプションで子供向けスマホに導入するといいと感じます


基本的になければならない機能がしっかりとオプションとして用意されています。



実際に1年間使うとかかる費用はこのくらい

ではここまでBIGLOBE SIMについて長々と説明を行ってきましたが、すべてをトータルして考えたときに1年間で一体どの程度の価格になるのかを計算していきたいと思います。


基本的プランはすべての格安simで同じプランを使用します。

  • データは3GB
  • 通話は話し放題がある場合は話し放題、ない場合は月に通話時間を30分として計算したときに掛かる契約から1年間使用した場合にかかる費用。

BIGLOBE SIMを1年間使った時の費用

基本料金


3GB通話Simプラン 1600円/月


3分の話し放題     650円/月


契約時の事務手数料 3280円/初回のみ


1年間使用すると合計で30280円


割引


初月基本料金無料 -1600円


実際に1年間で払う料金 28680円


BIGLOBE SIMは1年間使用して28680円で通話とデータプランに加入できるという結果になりました。


ちなみに1年間の使用料金の最安値は何度もとり上げている楽天モバイルでした。


楽天モバイルは1年間の使用料金は26194円でスマホを使用することができます。


しかも通話は5分間のかけ放題を付けたプランなので通話もデータもストレスフリーで使用できるプランになっちゃいます。



BIGLOBE SIMが向く人向かない人

最後にBIGLOBE SIMはいったいどんな人が加入すれば幸せになれるのかをまとめていきたいと思います。

BIGLOBE SIMにすると幸せになる人

  • 1日1時間以上YouTubeなどの動画を見る人
  • 動画や音楽以外にもデータ通信量がほしい人
  • 通話は3分以内な人

BIGLOBE SIMにすると損する人

  • 端末を購入したい人
  • 長電話を月に2時間以上する人(1回の通話時間)
  • 安さにこだわりたい人
  • データ量はそこまでいらないよって人



こんな感じです。

まとめ

長々と紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。


私の正直な感想がこんな感じでした。


やはり6GBプラン以上でないとメリットが非常に少ないという点と端末の購入方法で最低使用期間が端末を購入すると必ず24か月に伸びてしまうという点が最後まで通話Simに申し込むことが出来なかった理由です。


もちろん上記でも挙げている通りYouTubeやGoogleplaymusicなどの動画をかなり見る人はお得になる可能性があるので検討することも必要だと思いますが、料金が半額にならないという価格になってしまうので私の中では選択肢から外れてしまったという感じです。


皆さんはどう感じましたか?


より詳しい内容は公式HPをご覧いただければと思います。

【BIGLOBE SIM公式HPへ】



当サイト一押し3大格安simはこれだ

格安sim選びはこの3つの格安simさえ覚えておけばどんな使い方にも合わせられて最安値で格安simを使うことができますよ。


通話が多い方はもちろん、データ量がたくさん必要な方、家族が多くて支払いが大変な方、節約したい学生さんなどなど。


この3つの格安simは要チェック

  1. 楽天モバイル

    私が実際にスマホで契約している格安simです。
    プランはもちろん、価格に関しても満足できる設定をされているのに、楽天ポイントがたまったり、初月の基本料金が無料になったりと至れり尽せりだと感じてます。

    価格も2年間使い続けたときのトータル金額は格安simの中で最安値
    質も価格も文句なしの格安simです。

    楽天モバイル公式HPはこちらから

  2. LINEモバイル

    同一2位にランクインしたのがLINEモバイルです。
    ターゲットがしっかりとしていてわかりやすく合う人にはとことん合う格安simです。
    SNSが使い放題になるプランがターゲットを明確化していてかなりお得に!!

    SNSを頻繁に使っていてなおかつ通話はしないよって人にとってはLINEモバイル一択と言っていいほどドンピシャな格安simなので要チェック!!

    LINEモバイル公式HPはこちらから

  3. DMMモバイル

    こちらも楽天と同じで契約者が伸びている格安Simになります。
    プランはとにかく低価格になるように無駄をそぎ取って提供されています。
    安くて良いものを提供しようとする姿勢が素晴らしいと感じます。

    長期間使用する方は特にオススメの格安simですよ。

    DMMモバイル公式HPはこちらから