DTI SIM を知る

DTI SIM


DTI SIMは格安simの中でもネット使い放題を提供している数少ない格安simでプランの価格もとにかく安くすることを意識しています。


名前自体はあまり聞いたこともない格安simだと思いますが、質と価格から見ていくと有力候補に挙がってくると感じますのでしっかりと調べ上げてきました。


では実際にDTI SIMはどのような人に取ってオススメになるのかを徹底的に調べてみましたよ。

DTI SIMのデメリット

  • 通話料が30秒/20円と高くなってしまう
  • 使い放題プランの速度が遅い
  • 専用アプリがないので使いにくい
  • 端末を取り扱っていない

DTI SIMのメリット

  • プランが安い
  • 5分間の通話定額がが安い
  • お試しプランがある



メリットデメリットはこんな感じです。


とにかくDTI SIMは安さにこだわった格安simというのが最大のメリットだと思います。


さす差にこだわっているDMMモバイルと比較してもプランによっては安いこともあるくらいです。


通話に関しても5分間の定額プランが用意されていてこちらも月額が780円と5分定額の中では最安値に設定されています。


しかし注意しなければいけないこともいくつかあって、まず安いといってもDMMと比較してプランの価格は10円から50円安くなる程度ですが、DMMの場合は専用アプリがあるのでデータ通信料であったり速度の切り替えやプラン変更、料金確認などが手軽に行えるのに対してDTI SIMはオリジナルアプリがないので基本的にネットからサイトにログインして上記の項目を確認する必要があります。


とくに格安simの場合はデータ量に制限があるので、ちょこちょこ残り容量を確認するんですが、アプリがないのとあるのとではかなり手間がかかってしまいます。


また定額通話に関してですが、楽天モバイルの場合は専用の電話アプリから電話を行うことで5分間の定額になりますが、5分を過ぎてしまってもアプリからの通話は30秒/10円で通話をすることができます


しかしDTI SIMの場合は専用のアプリがないので通常通り電話をすることで5分間の定額になります。ただし5分を超過してしまうとその後の通話料が30秒/20円と楽天モバイルの倍の通話料がかかってしまいます


基本料金は780円と最安値になってしまますが、楽天モバイルとは70円しか違わないので、4分以上超過してしまうことがあると通話料が高いので楽天モバイルのほうが安くなります


DTI SIMを使用して通話する場合は5分という区切りを意識して超えないように通話をする必要があります。


デメリットでもあげているデータ通信無制限プランについてですが、こちらのプランは実際に私も気になってデータ使い放題プランのみで申し込んでみたのですが、動画を見ると止まってしまうことが多く、正直使えなかったというのが正直な感想です。使い放題を選ぶ人は基本的に通信量の多い動画をよく見る人だと思いますが、そのよく見る動画が見れないので契約をすると損をする恐れがあります。


実際に通信速度に関しては使用している地域によってかなり左右されるので、上記の通信が遅いというのはあくまで私が住んでいる地域ではということですが、ネットの書き込みなどを見る限り遅いということはあっていると思います。


ではDTI SIMのプランから見ていきましょう。

DTI SIM のプランと価格一覧

DTISIMプラン料金表


プラン一覧はこんな感じです。


プランごとに見てみてもやはり安いですね。


特に3MBプランと10MBプランでは現在のところ業界最安値です。(2107年1月現在)


この価格であれば十分格安simとして第一候補に挙がることのできると感じました。


ネット使い放題に関しても2900円と使い放題でこの価格なのであればかなり安いですが、上記でも挙げている通り遅くて動画も止まってしまうことがあるので、であれば10GBプランの2800円を選択したほうが良いと思います。



DTI SIMの契約について知る

実際に申し込みを行うには基本料のほかに以下の料金がかかってきます。

初期費用について

事務手数料:3,240円
ただし現在キャンペーン中で1GB、5GB、10GBの3つのプランのみ初期費用が割引になります。
通話sim:500円
SMS付きデータsim:2000円
データ専用sim:2000円


sim変更手数料:3240円


sim再発行手数料:3240円


データプラン変更:無料


MNP転入手数料:5400円


以上が初期費用として価格費用及び各種手数料になります。

解約期間について

データsim契約の場合
・解約期間の設定なし


SMS付きデータプランの場合
・解約期間の設定なし


通話付きデータプランの場合
・最低利用期間が12ヶ月
12か月以内の解約で契約解除手数料9800円

申し込み方法について

ネット申し込み

電話番号の移行について

電話番号の移行についてですが、切り替え自体がネット上で簡単に行えるようになったため、スマホが使えなくなる期間は1時間程度とかなり短縮されました。


切り替え方法は

  1. 今契約しているキャリアのMNP予約番号を取得する
  2. BIGLOBE SIMと契約する
  3. simカードが届いたら開通センターに連絡して切り替えを行う

簡単に言うとこの3ステップです。


切り替えはすぐに行われるので基本的に普通になる時間はないです。

ドコモ以外で契約している人の注意点

BIGLOBE SIMはドコモの通信システムを利用した格安simなのでドコモの携帯を使用している人であればsimカードを差し替えるだけですぐにスマホを使用することが出来ます
(ただしandroidはデザリングが出来なくなります。)


しかしauやソフトバンクと契約している人はドコモのようにただsimカードを差し替えるだけではスマホを使用することができません。


基本的にキャリアスマホにはそのキャリアしか使えなくするために、simカードにロック機能を付けています。


このロック機能があるのでキャリアが違うから使えないよとなってしまうんです。


しかし、auもソフトバンクも2015年5月以降に発売されたスマホに関しては180日以上経っていればシムロックを解除することが出来るので店頭やネットから申し込みが行えます。


ただしauの端末では通信回線の構造が、ドコモやソフトバンクと違う構造になっているのでSimロックを解除したとしても、DMMモバイルで使えるとは限らないということに注意してください。


基本的にはSimフリーにさえすれば使えるのですが、機種によってはsimフリーにしても使えなかったという事実もあるようなので、必ず使用できる機種の一覧をDMMモバイルのHPで確認してください。


確認してもわからないようであれば問い合わせてみると確実ですよ。


auを使っていてなおかつ今使っている端末を確実にそのまま使いたいよって人は、au回線を利用しているマイネオ、IIJmio、UQ mobileの3社から選んで契約することになります。


電話番号の切り替え方法やsimロックの解除方法については別で詳しく紹介しますのでお待ちください



データ関連について知る

データ関連については多くの人が一番気になる項目だと思います。


このDTI SIMはドコモの通信回線を使用した格安Simなのでドコモで使用することのできる地域ではすべて使用することが出来るため基本的には全国で使用することができます。


私自身はデータ使い放題に魅力を感じてデータ通信専用の使い放題プランに加入しました。


しかし上記でも挙げている通り、昼間の回線が込んでいる時間帯以外でもスマホで見る動画が止まってしまって見れなくなってしまうなど普通に使うことが出来なかったために解約してしまいました。


格安simなんでデータ速度がある程度遅くなることはしょうがないと思えましたが、使い放題プランなのに動画が見れないスピードというのは安くても我慢できませんでした。


ただし使い放題プランと、通常のデータ定額プランでは明らかに回線のスピードが違うみたいでネットで調べる限り普通に使用できるという意見が多かったので、使い放題以外を選択すれば問題ないレベルで通信速度は出てきそうですよ。


私の場合は前科があるのでもう一度通常プランで契約してみようとは思えなくて通常プランのsimは実際に使っていません。


ただし格安SIMの通信に関しては地域によってもかなりの差が出てきてしまうので絶対に大丈夫ということが出来ないので注意は必要ですね。

速度制限について

1GBプランの場合3日間の使用量が750MB以上で制限あり
3GB~15GBプランの場合3日間の使用量が2GB以上で制限あり
20GBプランの場合3日間の使用量が2.6GBMB以上で制限あり


といった感じで3日間で使用したデータ量に応じて制限速度がかかってしまいます。


1GB~5GBプランまでの制限に達するまでの容量は問題ないと思いますが、10GBでは3日間に2GBを使用すると速度制限がかかってしまいます。


10GBで契約をするということはデータをたくさん使う可能性があるということなので、3日で2GBでは少なすぎますね。


ですので10GBプラン以上では使いたいときに制限がかかってしまうのでお勧めできません


1GB~5GBまでであれば制限にかかる容量は妥当なので問題ないと思っています。

データの持越し

データの持越しは翌月まで持ち越しが行えます。

データ追加について

データの追加は500MB/380円で追加購入することができます。


比較的追加データの料金としては安いと思いますが、基本プランからしてみれば追加分のデータ金額はかなり高く設定されていますので、データを使い切ってしまったら我慢しましょう。


低速でもラインは使用することができるので数日間であれば乗り切れると思います。


もしも2か月続けて足りなくなってしまった場合はプラン変更が必要です。



DTI SIMの端末について知る

DTI SIMは端末を用意していない格安simなので利用する場合はドコモの端末かsimフリーの端末を用意する必要があります。


端末自体はsimフリースマホをネットで購入することができるので用意することはできますが、やはり端末も定期的に変えたいという人は端末の種類も豊富でネットで買うよりもはるかに安い楽天モバイルがいいと思います


月々の価格が安くて素晴らしいのですが、この端末が用意されていないというのは非常にデメリットですね。


たぶん端末を用意する経費などをすべて抑えてその分価格を安くするという考えだとは思うんですけどね。


ちなみにiPhoneの最新機種を使用することのできるスマホレンタルプランというのもあるのですが、最新といっても現在でiPhone6Sだしレンタル代金も高いので契約すると損をします。


レンタルプランを組むのであればアップルストアーで最新のiPhone7が買えます。


端末購入に一番おすすめな楽天の機種一覧はこちらから確認できます。

【楽天モバイル公式HPへ】


キャンペーンについて知る

DTI SIMでは、現在以下のキャンペーンを実施しています。

キャンペーン一覧

乗り換えキャンペーン

最大2017年1月31月まで


1GB、5GB、10GBの3つのプランに契約する際の事務手数料割引


音声simの場合、3000円が500円 2500割引き
SMSsimの場合、3000円が2000円 1000割引き
データsimの場合、3000円が2000円 1000割引き

お試しキャンペーン

終了期間未定


初めて申し込まれる方限定でデータプランであれば半年間無料で使えるキャンペーンです。


ちなみに通話付きSsimの場合は3GB+5分間の話し放題が半年間790円引きになります。



オプションプランについて知る

オプションサービス一覧はこんな感じです。

  • 留守電 300円/月
  • キャッチホン 200円/月



オプション自体はこの2つしか用意されていません。



実際に1年間使うとかかる費用はこのくらい

ではここまでDTI SIMについて長々と説明を行ってきましたが、すべてをトータルして考えたときに1年間で一体どの程度の価格になるのかを計算していきたいと思います。


基本的プランはすべての格安simで同じプランを使用します。

  • データは3GB
  • 通話は話し放題がある場合は話し放題、ない場合は月に通話時間を30分として計算したときに掛かる契約から1年間使用した場合にかかる費用。

DTI SIMを1年間使った時の費用

基本料金


3GB通話Simプラン 1490円/月


3分の話し放題     780円/月


契約時の事務手数料 3280円/初回のみ


1年間使用すると合計で30520円


割引


お試しキャンペーン
半年間790円引き -4740円


実際に1年間で払う料金 25780円


BIGLOBE SIMは1年間使用して25780円で通話とデータプランに加入できるという結果になりました。



DTI SIMが向く人向かない人

最後にDTI SIMはいったいどんな人が加入すれば幸せになれるのかをまとめていきたいと思います。

DTIにすると幸せになる人

  • すでに端末を持っている人
  • 使いやすさより価格を重視する人
  • 通話は5分以内な人

DTI SIMにすると損する人

  • 端末を購入したい人
  • 5分話し放題に収まらないことがある人(月超過/10分)



こんな感じです。

まとめ

長々と紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。


安さだけで判断するとDTIが1年間使用したときの料金では最安値になりました。


通常のプランなのでデータ通信速度は普通に使えると思いますので通信の質的には問題ないです。


しかし安さにこだわる私がなぜDTI SIMを候補として選ばなかったかというと、専用アプリがないので使いにくいことと、通話料が高い、端末を取り扱っていないこの3点があったからです。


実際に安いといっても楽天モバイルの1年間使用した時の金額が、トータルで26194円でした。


その差額は1年間で414円、この違いだけであればやはり使い勝手もよく通話料も安い楽天モバイルがいいと思ったからです。


しかも定額の5分の通話がオーバーしてしまうとこれよりもっと差額はなくなりますしね。


また端末に関してもネットで購入するよりも楽天モバイルを通して購入したほうが1万円以上安く購入できるので、端末の購入を考えている人は圧倒的に楽天が安くなります


それでも端末を持っていて、これからもこの端末を長く使用していく人でなおかつ使い勝手よりも安さ重視で通話は5分以内に確実に抑えるよって人はDTI SIMがお得になりますね。


皆さんはどう感じましたか?


より詳しい内容は公式HPをご覧いただければと思います。

【DTI SIM公式HP】



DTI SIM 基本LP

当サイト一押し3大格安simはこれだ

格安sim選びはこの3つの格安simさえ覚えておけばどんな使い方にも合わせられて最安値で格安simを使うことができますよ。


通話が多い方はもちろん、データ量がたくさん必要な方、家族が多くて支払いが大変な方、節約したい学生さんなどなど。


この3つの格安simは要チェック

  1. 楽天モバイル

    私が実際にスマホで契約している格安simです。
    プランはもちろん、価格に関しても満足できる設定をされているのに、楽天ポイントがたまったり、初月の基本料金が無料になったりと至れり尽せりだと感じてます。

    価格も2年間使い続けたときのトータル金額は格安simの中で最安値
    質も価格も文句なしの格安simです。

    楽天モバイル公式HPはこちらから

  2. LINEモバイル

    同一2位にランクインしたのがLINEモバイルです。
    ターゲットがしっかりとしていてわかりやすく合う人にはとことん合う格安simです。
    SNSが使い放題になるプランがターゲットを明確化していてかなりお得に!!

    SNSを頻繁に使っていてなおかつ通話はしないよって人にとってはLINEモバイル一択と言っていいほどドンピシャな格安simなので要チェック!!

    LINEモバイル公式HPはこちらから

  3. DMMモバイル

    こちらも楽天と同じで契約者が伸びている格安Simになります。
    プランはとにかく低価格になるように無駄をそぎ取って提供されています。
    安くて良いものを提供しようとする姿勢が素晴らしいと感じます。

    長期間使用する方は特にオススメの格安simですよ。

    DMMモバイル公式HPはこちらから