LINEモバイルを知る




2016年上半期で最も注目を集めた格安simといってもいいくらい話題に挙がったのがこのLINEモバイルです。


格安simへの参入自体遅くなったこともあって、どの程度のプランや料金で勝負していくのかと私自身もワクワクして見守っていたのを覚えています。


実際にラインプランが発表されてからはかなりインパクトのあるプランとしっかりとターゲットを絞った戦略で価値のある格安simに躍り出たと感じています


ターゲットは「日ごろからラインをメインにスマホを使用している若者」


このターゲットに合う人はかなりメリットの高い格安simなのでしっかりと注目してみてください。


では実際にLINEモバイルはどのような人に取ってオススメになるのかを徹底的に調べてみましたよ。

LINEモバイルのデメリット

  • 通話定額プランがない
  • プラン自体が若干高い場合がある

LINEモバイルのメリット

  • LINEが使い放題になる
  • LINE以外にもTwitterやFacebookなどが使い放題になるプランがある
  • 回線の速度が早い
  • LINEポイントがたまる
  • LINEの年齢確認が省ける
  • i-フィルターが無料



メリットデメリットはこんな感じです。


以外とデメリットもメリットも少なくまとめれたんですが、デメリットよりもメリットに当てはまる人はデメリットをはるかに超えるメリットを生み出せる可能性があるのでしっかりとチェックしてみてください。


さっそくメリットデメリットについて説明をしていきますが、その前にLINEモバイルのプランを見ていきましょう。

LINEモバイルのプランと価格一覧

LINEモバイル料金プラン表


プラン一覧はこんな感じです。


ここで注目してほしいのはプランは大きく分けて3つのプランから構成されている点です。


それぞれのプランについて詳しく紹介していきます。

LINEフリープラン

まず初めにインパクトのあるのはこのLINEフリープランです。


LINE全般の通信量はいくら使っても無制限で使い放題になるプランです。


このプランにはライン以外のデータ通信料として1GBのデータ通信がついてきます。


LINE自体はこの1GBにカウントされることがないので1GBはそのままライン以外の通信に使用することが出来るプランです。


正直ライン自体は他の格安simの低速通信状態でも問題なく使用することが出来るのですが、実際に低速で使用できるのは通常のラインとトークぐらいで、写真や動画のアップロードは低速だと厳しいのでLINEフリープランであれば写真や動画のアップロードも容量に関係なしに使い放題になるわけです。


意外に多いのがスマホはラインしか使わないよって人なのでそんな人はこのLINEフリープランが非常にお勧めです。


料金も1GBで通話付きSimが月1200円というのもDMMモバイルよりも60円安いので通話しないしLINEだけで十分て人は一番おすすめです。

コミュニケーションプラン

このプランでは、ラインだけではなく、TwitterやFacebook、Instagramの4つのSNSが使い放題になるプランです。


このプランには上記の使い放題とは別で、3GB、5GB、7GB、10GBの4つのデータプランから選ぶことができます。


もちろん4つのSNSは使い放題なので上記の容量にはカウントされないのでSNS以外でそのまま使えます。


私的にはこのプランがSNSを頻繁に利用する人に取って見れば最強のプランだと思っています。


各プランの価格自体は、3GBプランで通話Simだと1690円、5GBだと2220円と200円程度高い料金設定となっていますが、200円で上記の4つのSNSが使い放題になるのはかなり格安だと思います。


特にTwitterやFacebook、、Instagramではここ最近動画の投稿が非常に増えてきているので、いくら短い動画であっても動画なので通信量自体は気がつかないうちに課さんでしまうと思います。


ですがラインのコミュニケーションプランに加入していれば全く気にしないで使えるわけです。


しかもそれ以外に3GBや5GBの容量は使えるのでかなりお得。


たとえデータ量を使いきってしまってもSNS自体は使い放題なので高速通信が可能なのでいくらでも乗り切ることができます

LINEMUSIC+プラン

このプランはつい最近新しくできたばっかりのプランで、4つのSNSにプラスしてLINEMUSICも使い放題になるプランです。


料金は若干上がってしまいますが、こちらもコミュニケーションプラン同様に3GB、5GB、7GB、10GBの4つのデータプランから選ぶことができます。


特に最新の音楽をスマホで常に聞いている人は再生するたびにデータ量が加算されてしまい困ったことになった人も多いのではないでしょうか。


価格はコミュニケーションプランよりも500円前後高い金額で設定されているので決して安くない金額にはなってしまいますが、1日数時間を毎日聞くとそれだけで10GB近くになってしまうこともあるので十分お得になる計算です。


実際は同じ曲を聞くときにはキャッシュ機能が使えるのでデータ通信がほとんどかからなくなりますが、使い放題であれば新しい曲をデータを気にしないでどんどん聞くことが出来るのでさらに音楽ライフが楽しめるようになると思います。


もちろん高速通信なので途中で止まることもなく快適に音楽ライフが送れるようになります


ただし注意してほしいのは、LINEMUSICは使い放題ですが、実際につかいためには別途でLINEMUSICのチケットを購入する必要があります。


このLINEMUSIC+プランに加入すると1か月間使えるチケットが無料で手に入るという特権もあるのでこちらを利用するとさらにお得になります。




こんな感じで3つのプランからLINEモバイルは選べるようになります。


私的にはコミュニケーションプランが圧倒的にお勧めで他の格安simよりは高くなってしまいますが、その分以上にSNSが使い放題になるというメリットが大きいので、SNSをメインに生活している人はコミュニケーションプランの3GBプランが圧倒的にお勧めです


ただしSNSはラインしか使わないよという人は、LINEモバイルよりもDMMモバイルのほうがオススメです。


LINEだけであれば基本的に低速になっても十分使用することが出来るので基本料が抑えられるDMMモバイルがオススメになるわけです。


ちなみにDMMモバイルであれば3GBのプランであれば通話付きのsimで1500円で毎月使用することができます。


LINEモバイルとは200円近い差があるのでメリットは大きいと思います。


SNS重視の人はLINEモバイル


SNSはラインだけって人はDMMモバイル


ただし通話に関しては上記の2つの格安sim自体も定額通話を行っていないので、通話もするよって人は楽天モバイルが一番オススメ


通話自体は基本的に30秒で20円掛かってしまうので毎月トータルで30分通話をする人は通話定額に加入しないと損をします。


仕事でスマホを使うよって人には通話を使う可能性が高いのでLINEモバイルはお勧めできません


中にはめんどくさいから要件は電話でさっと済ませたいという人もいるのでそういう人はやはり楽天モバイル一択になると思います。


とにかく通話もしないし基本はSNSメインで使うよって人にとってLINEモバイルは非常に優れた格安simになるというのが私の答えです。



LINEモバイルの契約について知る

実際に申し込みを行うには基本料のほかに以下の料金がかかってきます。

初期費用について

事務手数料:3,240円


SIMカード発行手数料:400円


MNP転出手数料:3000円


データプラン変更:無料


以上が初期費用として価格費用及び各種手数料になります。

解約期間について

データsim契約の場合
・解約期間の設定なし


SMS付きデータプランの場合
・解約期間の設定なし


通話付きデータプランの場合
・最低利用期間が12ヶ月
12か月以内の解約で契約解除手数料9800円

申し込み方法について

ネット申し込み

電話番号の移行について

電話番号の移行についてですが、切り替え自体がネット上で簡単に行えるようになったため、スマホが使えなくなる期間は1時間程度とかなり短縮されました。


切り替え方法は

  1. 今契約しているキャリアのMNP予約番号を取得する
  2. BIGLOBE SIMと契約する
  3. simカードが届いたら開通センターに連絡して切り替えを行う

簡単に言うとこの3ステップです。


切り替えはすぐに行われるので基本的に普通になる時間はないです。


電話番号の切り替え方法やsimロックの解除方法については別で詳しく紹介しますのでお待ちください



データ関連について知る

データ関連については多くの人が一番気になる項目だと思います。


IIJmioを実際にデータSIM契約で3か月間使用してみましたが、通信速度に関しては遅くもなく、早くもなく、格安simの中で考えると悪くなく普通に使えるというレベルなので合格点でした。


住んでいる地域によっても違いがかなりあるのですべての人に当てはまることではないのですが、ストレスなく使用できる通信速度になっていたというのが私の感想です。


都内に出て使用すると若干遅くなってしまいストレスを感じてしまうなどの声も上がってはいますが、格安simという立場から考えるとその分安いのでしょうがないというのが正直なところですね。

速度制限について

速度制限に関してはプランAのみ3日間で6GB以上使用すると通信速度に制限が価格場合あり


また低速時(200Kbps)に3日間で366MBを使用するとプランにかかわらず通信速度制限がかかってしまう場合もあります

データの持越し

データの持越しは翌月まで持ち越しが行えます。

データ追加について

データの追加は500MB/500円~追加購入することができます。


ただしデータの追加に関しては1GBに計算すると1000円とかなり割高なので極力追加しないようにし迷う。2か月続けて追加することがあった場合はプラン自体変更することを考えたほうがいいですね。



LINEモバイルの端末について知る

LINEモバイルの端末はsimとセットで購入することができます。


ただしLINEモバイルの場合端末をセットで購入する際の端末料金は一括払いのみとなります。


現在販売されている端末はスマホで6種類の端末から選ぶことができます。


端末の種類自体はそこまで多くはないですが、ラインアップ的には悪くない機種構成になっていると思います。


ただし端末をもっといろいろと選びたいという方、新しい高性能な端末にしていきたいと思っている人は楽天モバイルがオススメです。


楽天モバイルでは現在13種類の端末を取り扱っており、楽天も倍いるしかない端末も多くてハイスペックからコストパフォーマンス重視の端末まで幅広く取り扱っています。


さらには端末の価格も頻繁にセールを行っていて平均的な値段よりも1万円以上安く購入することのできる機会の多いのも楽天モバイルのポイントです。


LINEモバイルの端末の中からハイスペック端末及びコストパフォーマンス重視のおススメ端末を紹介していきます。

LINEモバイルのおススメ端末


現在販売されている中でのおすすめ機種ハイスペック版

【 ZenFone™ 3】
ディスプレイサイズ:5.2型 1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶
重量:約144g
simサイズ:nanoSIM × 2
電池容量:2,650mAh
OS:Android 6.0.1
CPU:Qualcomm®SnapdragonTM625(オクタコアCPU)
メモリー:RAM:3GB ROM:32GB
メインカメラ:約1600万画素
インカメラ:約800万画素
価格:39,800円


販売されている端末の中で一番ハイスペックな端末がこのZenFone™ 3です。


このスペックで価格自体が39,800円と4万円を切る価格なのでハイコストパホーマンススマホといってもいいと思います。


防水機能、おサイフケータイ、テレビ機能はついていません。

1万円台の最安値機種

【Blade E01】
ディスプレイサイズ:5.0インチ,HD IPS
重量:約155g
simサイズ:nanoSIM
電池容量:2,200mAh
OS:Android™ 5.1
CPU:MT6735P クアッドコア 1.0GHz
メモリー:RAM:1GB ROM:8GB
メインカメラ:800万画素
インカメラ:500万画素
価格:13800円


LINEモバイルの一番低価格スマホです。


スペック的にはラインやWebを見る程度であれば全く問題ないスペックです。


初めてのスマホという人向けのスペックとしては十分なので子供のスマホとしても最適です。


ただしゲームを行ったりスマホを使い倒せるスペックではないので初めての1台としてのスマホです。


上記の機種以外にも日本製の防水、おサイフケータイ、ワンセグなどの機能が付いた機種もしっかりと用意されています


LINEモバイルの機種こちらから確認できます。

【LINEモバイル公式HP】



端末購入に一番おすすめな楽天の機種一覧はこちらから確認できます。

【楽天モバイル公式HPへ】


キャンペーンについて知る

LINEモバイルでは意外と多くのキャンペーンやお得なサービスが行われているんです。


やはり少しでもお得に申し込むんであればお得なキャンペーンをうまく活用することが重要なのでしっかりとチェックしてみてください。

LINEモバイルデビュー応援キャンペーン

・2017年3月31日まで
LINEモバイルにコミュニケーションフリープランかMUSIC+プランで新規お申し込みをすると、ご契約したプランにプラスして最大3ヶ月連続で毎月3GB(合計9GB)データ増量されるます。

LINEポイントがたまる使える

・無期限
毎月の支払金額の1%分がLINEポイントとしてもらえます。
貯まったポイントでスタンプを購入するなど様々な使い方が出来ちゃいます。

MUSIC+プランでLINEMUSICチケットプレゼント

・期限記載なし
LINEのMUSIC+プランに加入すると、LINEMUSICの1か月間使えるチケットが無料でもらえるキャンペーンが行われています。


現在のところこの3つのお得なキャンペーンを開催していますが、LINEモバイル自体定期的に端末割引やLINEポイントプレゼントキャンペーンなどが行われているので申し込みを行う際は必ずチェックしたほうがいいです。



オプションプランについて知る

オプションサービス一覧はこんな感じです。

  • LINEモバイル端末保障 450円/月
  • 持ち込み端末保障 500円/月 2ヶ月無料対象
  • iフィルター 無料
  • 留守番電話 300円/月
  • 割り込み電話 200円/月



オプションサービスはそこまで豊富に用意されてはいないものの、他の格安simでは有料となるiフィルターが無料で誰でも使えるのは非常にメリットが有ると思います。。


特にiフィルターがあれば、アダルト、薬物、暴力などの有害サイトをシャットアウトしてくれるオプションで子供向けスマホに導入するといいと感じます


ただしオプションに関しては基本的に付けることがないのであまり使うこともないと思いますね。



実際に1年間使うとかかる費用はこのくらい

ではここまでLINEモバイルについて長々と説明を行ってきましたが、すべてをトータルして考えたときに1年間で一体どの程度の価格になるのかを計算していきたいと思います。


基本的プランはすべての格安simで同じプランを使用します。

  • データは3GB
  • 通話は話し放題がある場合は話し放題、ない場合は月に通話時間を30分として計算したときに掛かる契約から1年間使用した場合にかかる費用。

LINEモバイルを1年間使った時の費用

基本料金


3GBコミュニケーションプラン通話Sim 1690円/月


通話30分 30秒/20円 1200円/月


契約時の事務手数料 3240円/初回のみ


1年間使用すると合計で37920円


割引


特になし


実際に1年間で払う料金 37920円


LINEモバイルは1年間使用して37920円で通話とデータプランに加入できるという結果になりました。


この金額だけで見てしまうとかなり高い金額ですが、上記のプランでは通話を毎月30分行うという設定で計算しているので、LINEモバイルプランでは非常に不利になってしまいます。


私がLINEモバイルをお勧めしているプランは上記と同じ3GBコミュニケーションプラン通話Simで1690円/月ですが、通話は基本しないという前提でLINEモバイルをお勧めしています。


通話さえなければ、毎月1690円で、LINE、TwitterやFacebook、Instagramが使い放題になるプラス3GBのデータ通信も使えるというかなりお得なプランです。


このプランであれば、年間で初期費用を入れても23520円でスマホを使い倒すことが出来ちゃうプランです。


日ごろから通話はほとんどしない(最低でも10分以下)でSNSを多用する方にとってはLINEモバイルしかないくらいにドンピシャなプランです。


ただし通話が10分を毎月超えてくるようだとメリットも少なくなってきてしまうので通話定額と割引額が非常に高い楽天モバイルがお得になります。


楽天モバイルであれば3GB+5分間話し放題を付けても1年間で割引が付くので26194円でスマホを使用することができます。


通話をするかしないかで格安simの選択肢はかなり変わってくるので契約前によくよく確認してみてください。



LINEモバイルが向く人向かない人

最後にLINEモバイルはいったいどんな人が加入すれば幸せになれるのかをまとめていきたいと思います。

LINEモバイルにすると幸せになる人

  • SNSを頻繁に利用する人
  • 通話は基本しない人

LINEモバイルにすると損する人

  • 端末を定期的に最新の端末にしたい人
  • 毎月の通話時間は10分以上
  • SNSをあまり利用しない人



こんな感じです。

まとめ

長々と紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。


LINEモバイルの場合は合う人合わない人がはっきりと分かれる格安simで合う人にとっては格安simの中でもLINE一択と言っていいほどジャストミートするでしょう。


そんな合う人の条件は上記にも書いてある通り2つだけ「SNSを頻繁に利用する人」「通話は基本しない人」だけです。


この2つに当てはまる人ってかなり多くいるのではないでしょうか。


特にSNSを頻繁に利用する方に取って、昔に比べてもSNS自体のデータ量が動画が多くなってしまったせいでかなり上がってきているのも現状、特にインスタグラムで動画を頻繁にみているとあっという間に3GBくらいは使ってしまいます。


ですがLINEモバイルの場合はどんだけ動画を見てもSNSは使い放題なのでとことん楽しめてしまう+3GBのデータ通信があるのでYouTubeも見れたりネットも検索できる。


例えデータ量がなくなってしまってもSNSが使えるので追加料金が発生することなく乗り切れるのもいいところ。


通話はライントークを使えば十分だよって人は通話も出来るので。


ただしどんだけお得でも通常の通話もするよって人はかなりメリットは少なくなってしまうので通話をする人には向かないというのもLINEモバイルの特徴です。


総合的にみてもLINEモバイルはかなりお勧めな格安simになることは間違いないので、通話はそこまでしないよって人は必ず候補に入れておいて損がないですよ。


より詳しい内容は公式HPをご覧いただければと思います。

【LINEモバイル公式HP】



当サイト一押し3大格安simはこれだ

格安sim選びはこの3つの格安simさえ覚えておけばどんな使い方にも合わせられて最安値で格安simを使うことができますよ。


通話が多い方はもちろん、データ量がたくさん必要な方、家族が多くて支払いが大変な方、節約したい学生さんなどなど。


この3つの格安simは要チェック

  1. 楽天モバイル

    私が実際にスマホで契約している格安simです。
    プランはもちろん、価格に関しても満足できる設定をされているのに、楽天ポイントがたまったり、初月の基本料金が無料になったりと至れり尽せりだと感じてます。

    価格も2年間使い続けたときのトータル金額は格安simの中で最安値
    質も価格も文句なしの格安simです。

    楽天モバイル公式HPはこちらから

  2. LINEモバイル

    同一2位にランクインしたのがLINEモバイルです。
    ターゲットがしっかりとしていてわかりやすく合う人にはとことん合う格安simです。
    SNSが使い放題になるプランがターゲットを明確化していてかなりお得に!!

    SNSを頻繁に使っていてなおかつ通話はしないよって人にとってはLINEモバイル一択と言っていいほどドンピシャな格安simなので要チェック!!

    LINEモバイル公式HPはこちらから

  3. DMMモバイル

    こちらも楽天と同じで契約者が伸びている格安Simになります。
    プランはとにかく低価格になるように無駄をそぎ取って提供されています。
    安くて良いものを提供しようとする姿勢が素晴らしいと感じます。

    長期間使用する方は特にオススメの格安simですよ。

    DMMモバイル公式HPはこちらから