トーンモバイルを知る




TSUTAYAが運営している格安simがトーンモバイルです。


このトーンモバイルの最大の特徴はシンプルで考えられている格安simであるということです。


ただし格安simといっても申し込み時は必ずスマホもセットで購入する必要があるのも特徴ですが、ターゲットを絞ってプラン設計されているので合う人にはかなりお勧めな格安simです。


私が特にオススメなのは子供向けのスマホとしての使い方です。


このトーンモバイルは今まで頻繁にスマホを使っている人ではなく、初めてスマホを使う子供や高齢の家族のためのスマホとして活躍するスマホとなるんです。

トーンモバイルのデメリット

  • 今までスマホを使ってきた人には向かない

トーンモバイルのメリット

  • 子供のスマホとして最適
  • 高齢者のスマホとして最適



メリットデメリットはこんな感じです。


デメリットとメリットも非常にシンプルで今までスマホを使ってきた人にとっては物足りないプランとなってしまいますが、初めてスマホを持つ子供や高齢の家族に持たせるスマホとしては、格安simの中でも一番オススメできます。


その理由はプランと機能を見ていただければはっきりと分かって頂けると思います。


ではトーンモバイルのプランから見ていきましょう。

トーンモバイルのプランと価格一覧

トーンモバイルプラン料金表


プラン一覧はこんな感じです。


なんといっても特徴的なのはプランは1つのみで価格も月1000円のみという非常にシンプルなベースに使い方に合わせてオプションとして機能を追加していく形になります。


基本的にこのトーンモバイルは通話というのはオススメしていなく、通話は通話でもIP電話を利用した通話に特化しているといっても過言ではありません。


IP電話であれば月500円(キャンペーン中で割引)で10分間の通話が何度でもかけ放題というIP電話し放題があります。


もちろんIP電話なので通常の電話回線でなく、ネットの回線を使用して通話を行うので電波によっては不安定になってしまうというデメリットがあります。


またIP電話の場合、電話番号が050~始まる番号になるので、今スマホを持っている人がIP電話を使用する場合は電話番号が当たらすくなってしまうというデメリットがあります。


正直仕事をしていると050から始まる番号だけっていうのは厳しいので使えませんが上記でも挙げている子供と高齢の家族の場合に当てはめると050~始まる番号でも全く問題ないと思います


通信速度も基本500~600Kbpsといった速度が使い放題になるので、低画質に抑えた動画であれば見ることも出来る速度といった感じ(たまに止まると思いますが。。。)なので初めて使う人に取って見ればこちらも全く問題ないと思います。


ネットで調べ物をする程度であれば十分な速度なので初めての人に取って見れば十分な速度で使用料を気にせずに使えるのはいいと思います


しかしトーンモバイルがすごいのはこのプランではなくて機能面での充実ぶりがすごいんです。

トーンモバイルの機能について

何度もいうようにトーンモバイルは今までスマホを使用してきた方にとってはオススメできる格安simではありませんが、初めて持つ子供であったり高齢の家族に持たせるスマホとしてみればかなり高性能なスマホになる機能が満載の素晴らしいスマホなんです。


そんな素晴らしい機能を詳しく紹介していきたいと思います。


ちなみにこのトーンモバイルは格安simでは唯一の全国子ども会連合会に推奨されたスマホになります。

子供向け機能がとにかくすごい

使い方としまずは子供向けの機能から紹介していきます。
これから紹介する機能を使う場合、親もトーンモバイルの場合は無料ですべての機能が使えますが、トーンモバイルでない場合は月200円のオプションに加入する必要があります。

位置情報がわかる

この機能はスマホについているGPSを利用して子供の位置情報を確認する機能です。
子供が塾に行ったときなどに活躍する機能ですね。

アプリの管理機能

子供が使うアプリを制限するだけでなく、アプリごとに何時から何時まで使えるようにできる機能がついています。
また1日1時間だけ使えるなどの設定も出来るので子供に合わせてアプリの管理が簡単にできちゃう機能です。

簡単WEBフィルタリング

小学生、中学生、高校生とそれぞれの年齢に合わせて簡単にWEBフィルタリングを設定することが可能です。

伝えたいことが伝わる機能

緊急なことや伝えたいことをスマホを通して確実に伝えることができる機能です。
確認するまでスマホの画面から消えることがないので子供が読まないで閉じるということが無くなります。

アプリリクエスト機能

アプリのダウンロードに必ず親の承認がないとダウンロードできないように設定できます。
子供は使いたいアプリがある場合は親へリクエスト機能を使ってリクエストします。

歩きスマホ防止機能

危険がたくさんの歩きスマホに対して警告と親への通知機能が作動します。
画面上に警告が表示されるので歩きスマホを防いでくれます。

ノック機能がすごい

スマホにノックをするだけで指定した家族間でのやり取りが遅れる機能。
ノック1回だとメッセージで親へ「迎えに来て」
ノック2回で「着いたよ」、3回で「〇〇〇」といったようにあらかじめ決めておいたメッセージを送ることができる機能です。
さらにノックを5回行うと緊急連絡モードになる機能もついています。

子供専用待ち受け

子供でも操作しやすいように子供専用のホーム画面が用意されています。


このようにトーンモバイルでは子供のためを考えた機能がここまで用意されています。
動画を見ていただければわかりやすいと思います。


高齢者むけ機能がとにかくすごい

トーンモバイルは子供だけではなく高齢者の方のスマホとしても威力を発揮します。

とにかくサポートがすごい

初めての人にも安心に使ってもらいたいというサポート体制が充実しています。
電話サポートはもちろん、遠隔リモートサポートまでがすべて無料で受けられます。
さらにはスマホ教室も定期的に行われているのでより詳しい使い方までマスターできます。
もちろんスマホ教室も無料です。

位置情報がわかる

この機能はスマホについているGPSを利用して位置情報を確認する機能です。
子供だけではなく恒例の家族の確認にも活かせる機能です。

ライフログアプリ

ライフログアプリを使うと、歩数・活動量・消費カロリー・心拍数の4指標をスマホで気軽に計測することができます。
しかもすごい面白いのは。「8,000歩・20分」を達成した日には、トーンモバイルよりTポイント1ptがもらえるという新しい機能です。

専用ホーム画面

初めての人でも操作しやすいように専用のホーム画面が用意されています。


このように高齢の方でもしっかりとつかえるようなサポート機能や安心機能が用意されています。
こちらも動画を見ていただければわかりやすいと思います。



いかがですか、この機能の充実ぶり、これだけの機能がそろっているから初めての子供のスマホとして、高齢の家族のスマホとしてオススメするわけです


正直普段から使っている人に取って必要な機能ではないので、普段使うスマホとしてはお勧めできませんのでそこは注意してください。



トーンモバイルの契約について知る

トーンモバイルの契約は必ず端末もセットにして申し込む必要があります。


端末は2種類用意されていていますが、実際は売り切れとなっているため【TONE m15】の1機種になります。


端末の料金は契約の際に分割にするか一括にするか選ぶことができます。

端末について

取り扱っている端末は【TONE m15】になります。
スペックは以下の通りです。


【TONE m15】
ディスプレイサイズ:1280×720ピクセル 5.5インチ液晶
重量:約165g
simサイズ:nano SIM
電池容量:3000mAh
OS:Android 5.1
CPU:64bit 1.3GHz クアッドコア
メモリー:RAM:2GB ROM:16GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
価格:29,800円


正直ここの端末のスペックであれば1万円台で購入することが可能というレベルのスペックですが、上記のような素晴らしい機能がついていることを考えるとそれだけの価値がる端末になっていると思います。


ただし子供に持たせるのであれば5.5インチは少し大きすぎると思いますが、なくしにくいことを考えるといいかもしれないですね。

初期費用について

事務手数料:3,240円

オプション料金

IP電話かけ放題オプション:月500円(キャンペーン割引中)
SMSオプション:月100円
090通話プラン(SMS付き):953円
留守番電話サービス:350円
キャッチホンサービス:250円
安心オプション
無線ランサービス&端末保障:月500円
高速チケットオプション1GB:300円(月3GBまで)


といった感じのオプションプランが用意されています。


通常の090通話を付けると一気に価格が上がってしまうので子供や高齢の家族の場合は基本は050のIP電話を使うようにするとトーンモバイルの良さを引き出せると思います。

キャンペーン&サービス

TSUTAYAのスマホなだけあってTポイントがたまるシステムが多く用意されているのが最大の特徴です。

5000ポイントキャッシュバック

新規で契約&IP電話かけ放題プランに加入するとTポイントが5000ポイントもらえちゃうキャンペーンです。

トーンモバイルTポイント3倍キャンペーン

期間中のトーンモバイル使用料金でたまるポイントが3倍になるキャンペーン

旧作レンタルDVD毎月1枚無料クーポンプレゼント

キャンペーン期間中は毎月1本DVDがタダで借りれるクーポンがもらえます。


といった感じでTポイントがもらえたりDVDが借りれたりするキャンペーンを定期的に行っています。

最低利用期間について

トーンモバイルの最低利用期間はどのプランに申し込んでも24か月となります。


これは格安simの中では明らかに長い縛りとなるので規模しいと感じてしまいますが、システムの開発など自社アプリを作りながら無料で提供しているので2年は使ってもらわないと厳しいからというのはわかる気がします。


24か月以内の解約での違約金は9800円となります。


また090通話オプションを使ってから6か月未満に他者へ電話番号を移すMNPを行う場合は手数料として9800円が掛かります。

申し込み方法について

ネット申し込み及び店頭申し込みも可能(全国のTSUTAYA約60店舗で申し込み可能)



トーンモバイルをうまく活用するために

いかがでしたか、ここまでトーンモバイルの内容を紹介してきましたが、機能が素晴らし反面、最低利用期間が2年と長いのも特徴です。


そんなトーンモバイルを使いこなすためにはどのように契約するのが一番良いのかを私なりに考えてみました。


考えたプランは初めての子供スマホ編です。


このプランは初期費用や月額から年間にかかる費用、さらには少しでも違約金がかからないためにはどうしたらいいのかを考えてみました。

考えたプランは初めての子供スマホ編

このコンセプトは子供が初めてスマホを持つときから高校生になるまでを考えてみました。


私の考えではきちんとスマホを親がコントロールさえできれば中学1年生から持たせてもいいと思っています。


このトーンモバイルであればGPS機能も付けれてアプリの使用も制限できるので防犯面から考えてもキッズ携帯を持たせるのと変わらないと思っているんで(あくまでこの考えは私の考えですが。。。)


ですので中学1年生になったらトーンモバイル契約します。

契約にかかる費用~1年目

まず契約にかかる費用は端末代金と初期費用です。


端末代金は分割だと月々1242円の24回払い


ただし今回は一括払いとして29800円


+初期費用3000円
これにプラスして毎月の基本料が1000円です。
初年度はトータルで44800円

2年目

2年目は基本料金の1000円のみになるので
トータルで12000円です。

3年目

3年目は高校生になることを考えると090や080、070~始まる番号をもっていたほうが何かといいと思うので3年目半年たったら090通話オプションに申し込んで新しく電話番号を取得します。
ですので
半年間は1000円
残りの半年は1953円
トータルで17718円になります。


基本的にラインのやり取りは通常の通話オプションを付けるまでは行わせません


便利な反面いろいろとトラブルもあると思うので中学3年生までは我慢させる形で考えています。


通話に関しては発信の制限もかけれるので無駄な通話料を払う必要が少なくなるのでトーンモバイルであれば安心だと思います。


アプリに関しても制限がかけられるので、勉強などに邪魔にならない時間だけは使用できる設定にしたりできることを考えると問題なく使用できるし、辞書アプリはいつでも使用できる設定にしたりと勉強にも使えることが出来るのでデメリットだけではないこともあって中学から持たせてもいいというのが私の見解です。


上記のような使い方をすれば、高校生になった時に通常のスマホへ格安simを変更する場合に、電話番号もそのままで違約金もかからずに変更することができます。


特に中学校の最後の半年間は通常の電話番号が持てるので友達の番号なども登録出来て高校に行ってからも中学の友達と連絡が取れやすくなるというメリットもあります。(ここは子供目線で考えてしまいましたが。。。)


とにかくか違約金や違約金がかからないのでこんなプランで契約をすることを考えてみました。


高校生からは自分で働いて払いなさいといって通常の格安simに変えてあげればいいと思います。


高校生になってもトーンモバイルを使って親が管理するのはなしだと思います。


いかがですか私が考えた子供に持たせるならこんなプラン編は。


安全のために持たせるというのが一番の目的なので使い方はほかにもいろいろとあると思いますが、一例として参考にしていただければと思います。


より詳しいトーンモバイルの内容は公式HPをご覧いただければと思います。

【トーンモバイル公式HP】



当サイト一押し3大格安simはこれだ

格安sim選びはこの3つの格安simさえ覚えておけばどんな使い方にも合わせられて最安値で格安simを使うことができますよ。


通話が多い方はもちろん、データ量がたくさん必要な方、家族が多くて支払いが大変な方、節約したい学生さんなどなど。


この3つの格安simは要チェック

  1. 楽天モバイル

    私が実際にスマホで契約している格安simです。
    プランはもちろん、価格に関しても満足できる設定をされているのに、楽天ポイントがたまったり、初月の基本料金が無料になったりと至れり尽せりだと感じてます。

    価格も2年間使い続けたときのトータル金額は格安simの中で最安値
    質も価格も文句なしの格安simです。

    楽天モバイル公式HPはこちらから

  2. LINEモバイル

    同一2位にランクインしたのがLINEモバイルです。
    ターゲットがしっかりとしていてわかりやすく合う人にはとことん合う格安simです。
    SNSが使い放題になるプランがターゲットを明確化していてかなりお得に!!

    SNSを頻繁に使っていてなおかつ通話はしないよって人にとってはLINEモバイル一択と言っていいほどドンピシャな格安simなので要チェック!!

    LINEモバイル公式HPはこちらから

  3. DMMモバイル

    こちらも楽天と同じで契約者が伸びている格安Simになります。
    プランはとにかく低価格になるように無駄をそぎ取って提供されています。
    安くて良いものを提供しようとする姿勢が素晴らしいと感じます。

    長期間使用する方は特にオススメの格安simですよ。

    DMMモバイル公式HPはこちらから