正直格安Simといっても急激に種類も増えて、プランや価格が複雑になってしまいどのプランが一番合っているのかがわかりにくくなってきました。


通常の大手3キャリアスマホに関していうと、価格プランともに正直どこを選んでも似たり寄ったりで変わりませんが、格安Simの場合はどこを選ぶかによってかなり価格もプランも変わってきてしまいます。


そこでこのコンテンツではより詳しく使い方を設定してその設定した状況の場合はどのような格安Simでどのようなプランが最適で最安値なのかを細かく紹介していきたいと思います


しかしいくら最安値といっても「悪かろう安かろう」では全くもって意味がないのでそこは徹底的に比較して安心して契約することのできる格安Simを導き出したうえで最適で最安値プランを紹介していきます


この徹底的に比較した内容に関しては当サイトの別コンテンツで紹介していますので興味のある方は1度見ていただければと思います。

格安Sim13社の比較で導き出された答えを大公開


最適で最安値プランの基準

私が選定する基準としては以下の点を基準として考えています。

  • 複数契約をする場合はできる限り1つの格安Simでまとめること
  • 通話をする人の基準は基本的にかけ放題をチョイス
  • データを使う人の基準は5GBで計算
  • 徹底的に抑える場合はデータ通信は低速でもOK
  • 平均的な場合は通話定額、データ3GBで計算



以上がプランを決める時に定めているルールになります。


私の基準として通話に関しては話し放題を推奨しています。


多くの方が3大キャリアからの変更で格安SIMに乗り換えを検討している中で、できる限りストレスなく乗り換えを行うためにも基本的は今までと同じプランで乗り換えを行っていったほうがいいと考えているからです


基本的に3大キャリアの基本的なプランは話し放題が設定されていいるので、格安Simにおいてもかけ放題(5分間であれば何度でもOK)を設定することで違和感なく乗り換えが行えます。


もちろんかけ放題を付けても通信量は50%節約すること出来るので安心してください。


こんな感じで最適で最安値プランを紹介していきます。

使い方、タイプ別一覧

ここからは実際に最適で最安値プランを紹介する項目を一覧にて紹介します。


あなたに合う使い方を見つけてみてください。


もしあなたに合う使い方やパターンがない場合はこちらからお問い合わせを頂ければすぐに追加します。


現在は18種類の使い方に合わせて格安Simをの最適で最安値パターンを紹介しています。


紹介する中で1つの格安Simにできる限り合わせられるようにプランを考えています。


家族4人ともそれぞれ違う格安Simを使うのは契約も支払いもめんどくさくなるので、価格にそこまでの差が見られない場合は1つの格安SIMにまとめて紹介しています。


自分に合った項目のパターンをクリックしていただければ最適で最安値のプランの詳細が見られます。


ちなみに私がオススメする使い方最適最安値プランも紹介していますのでこちらも参考にしていただければと思います。





一番使いやすくて節約できるおすすめプラン

私が格安simを使う時にオススメするプランを紹介していきます。

  • 基本的に通話は5分間の話し放題
  • データは普通に使う量として3GB

この使い方が最適なプランだと思います。


やはり通話もデータ量もある一定のラインまで使うことを想定して、なおかつ価格も安くしっかりと通信料を半額まで落とせることを前提に考えたらこのプランになりました。


このプランで考えたときに楽天モバイルが価格も低価格に抑えられるだけではなく、最新機種に乗り換えたとしても機種の割引額も多いので、最新機種+基本料を払ったとしても半額に抑えることができます。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」

3.1GB通話Simプラン・・・月額1600円

5分かけ放題・・・月額850円

トータル月額2450円

3大キャリアと比較すると6500円が2450円になるので毎月4050円も節約することができちゃいます。


最新機種を楽天モバイルで購入する場合はセールなどをうまく活用すれば20000円以内で購入することが可能なので24回の分割で計算すると約840円、基本料と合わせても3290円。


キャリアスマホの料金に比べてもほぼ半額で最新機種まで購入することが出来ちゃいます。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





SNSをよく使う方に合うオススメプラン

スマホの使い方としてかなり増えているのはこのSNSをうまく活用した使い方だと思います。


普段はSNS(LINEやTwitterやFacebookなど)を使うことによって電話は緊急の時にしか使わず、主にLINEで連絡する方法です。


LINEのトークを使えば十分に音声でのやり取りも出来るのでこれで十分て人が多いですよね。


ですのでそんな人がかなりお得になる最適プランを紹介します。

  • SNSをデータ量を気にしないで使い放題で使えるプラン
  • ただしSNS以外のためにデータは普通に使う量として3GB

この使い方が最適なプランだと思います。


このSNSの使い放題プランはLINEモバイルから登場している「コミュニケーションプランの3GBプラン」で、このプランに加入するとLINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つのSNSがすべて高速で使い放題になるプランです。


使い放題以外にも3GBのデータ量が用意されているので動画を見たりネットで調べたりすることも十分できるプランです。


ただし通話に関しては話し放題がついていないので、通話を多くしてしまうと全くメリットがなくなってしまいますので、通話は月10分以内に抑えれる人に向いているプラン。


「SNSを普段から使っていて、通話は全くしない人」にとってはこのプランが最強で最もメリットが多いプランになります。

最適最安値プラン

「LINEモバイル」

コミュニケーションプランの3GBプラン・・・月額1690円

月10分の通話・・・月額400円

トータル月額2090円

3大キャリアと比較すると6500円が2090円になるので毎月4410円も節約することができちゃいます。


ただし何度も伝えている通り、通話が10分いないであることが条件です。


3GBプランの基本料は他の格安simに比べて約90円程度高く設定されていますが、その分4つのSNSが使い放題になるのでかなりお得な料金設定になっています。


条件に合う人にとってはもうLINEモバイル一択になると思います。

LINEモバイルの詳しい紹介はこちら





私がオススメする一人暮らしの社会人の人の最適プラン

私がオススメする1人暮らしの社会人の最適プラン以下の通りです。

  • 仕事で使うことも考えて通話は話し放題
  • データは普通に使う量として3GB

この使い方が最適なプランだと思います。


通話は5分間の話し放題がついているのでいちいち通話料金を気にする必要がありませんし、5分すぎたとしても30秒/10円なのでそこまで高額になることもありません。


データの3GBに関してはラインやネットで調べる程度であれば全く問題ない容量ですし、プラスα動画も10分程度であれば毎日見ても足りる容量になるので問題ないと思います。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」

3.1GB通話Simプラン・・・月額1600円

5分かけ放題・・・月額850円

トータル月額2450円

3大キャリアと比較すると6500円が2450円になるので毎月4050円も節約することができちゃいます。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





一人暮らしの社会人で通話を仕事で使う人

一人暮らしの社会人で通話を仕事で使う人の最適プラン以下の通りです。

  • 仕事で使うことも考えて通話は話し放題
  • データは普通に使う量にプラスして仕事で使う分も考慮し5GB

この使い方が最適なプランだと思います。


これだと通話もデータもしっかりとつかえるので仕事で使ったとしても全く支障ありません。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」

5GB通話Simプラン・・・月額2150円

5分かけ放題・・・月額850円

トータル月額3000円

3大キャリアと比較すると6500円が3000円になるので毎月3500円も節約することができちゃいます。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





一人暮らしの社会人で通話を仕事で使わない人

一人暮らしの社会人で仕事で通話を使わない人の最適プラン以下の通りです。

  • 通話は仕事で使わないのでかけ放題を外す
  • データは通話を使わないことを考慮して多めの5GB

この使い方が最適なプランだと思います。


通話を使わない分、データでのやり取りやライン電話などを使うようになることを考えてデータは少し多めに設定。


5Gあればライン電話を使用しても動画を1日15分見ても基本的には問題ない容量なので安心して使用することができます。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

5GB通話Simプラン・・・月額1910円

通話料・・・30秒ごとに10円で30分しゃべると600円

トータル月額2510円

3大キャリアと比較すると6500円が2510円になるので毎月3990円も節約することができちゃいます。


ただし5分間のかけ放題を付けて、データ量を3GBまで落とせば月額2450円まで下げれて通話料の心配をしなくて済むのでこちらの楽天モバイルが提供しているプランもオススメです

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。


楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





一人暮らしの社会人で携帯ゲームをガッツリやる

スマホゲームをガッツリやりたい人の最適プラン以下の通りです。

  • 通話は最低限で(月10分以内)
  • データはゲームをガッツリやっても気にならない10GB

この使い方が最適なプランだと思います。


通話に関してはデータ容量を10GB取っているのでライン電話などをうまく活用していけば月10分に抑えられると思います。


データも10GBあるのでダウンロードを含めても毎日ガッツリ行えるだけの容量に設定しているので全く問題ないです。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

10GB通話Simプラン・・・月額2890円

通話料・・・30秒ごとに10円で10分しゃべると300円

トータル月額2510円

3大キャリアと比較すると6500円が3190円になるので毎月3310円も節約することができちゃいます。


しかもキャリアの基本は5GBで計算しているので、倍の10GBのデータ容量を確保しているのに節約することができちゃいます。

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。





私がオススメする一人暮らしの学生の人の最適プラン

私がオススメする学生に最適なオススメプランは以下の通りです。

  • 通話は最低限で(月10分以内)
  • データも普通に使える分だけの3GB

この使い方が最適なプランだと思います。


通話に関しては学生ということもあってラインで済ませることも多いので月10分以内には十分収まると思いますし、データ量に関しては若干少なく設定して3GBになりますが月々の金額を落とすことを考えるとこれくらいだろうと思います。


まあ3GBといってもラインやネットを見る程度であれば全く問題ないので節約しなければいけないということにはならないはず。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

3GB通話Simプラン・・・月額1500円

通話料・・・30秒ごとに10円で10分しゃべると300円

トータル月額1800円

3大キャリアと比較すると6500円が1800円になるので毎月4700円も節約することができちゃいます。


3GBで足らない場合は5GBまで増やしても月額2210円で使うことが可能なのでかなりの節約につながります。

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。





一人暮らしの学生さんでとにかく節約したい人

一人暮らしの学生さんでとにかく節約したい人の最適プランは以下の通りです。

  • 通話は最低限で(月5分以内)
  • データも低速のみで

この使い方が最適なプランだと思います。


通話に関しては学生ということもあってラインで済ませることも多いのととにかく安くを考えているので月5分以内としました。


またデータプランは低速通信のみのプランになっていますが、テキストメールの確認や送信、ラインの確認、返信およびライン電話は比較的ストレスなくかけられる速度です。


しかしネットで調べ物をしたりすることや動画を見ること、インスタや画像の多いFacebookなどは重すぎて見ることが出来ないのであらかじめ知っておいてください。


ゲームもかなり微妙です。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

データライト通話Simプラン・・・月額1140円

通話料・・・30秒ごとに10円で5分しゃべると150円

トータル月額1290円

3大キャリアと比較すると6500円が1290円になるので毎月5210円も節約することができちゃいます。


さすがに最低限で考えたプランなので節約金額も5000円を超えてきましたね。


しかし、低速のみのプランと毎月1GBまでは高速になるプランでは月額で120円しか変わらないので、できれば1GBは高速通信を付けておいたほうがいいと思います。


1GBの高速通信を付けても月額1410円なので5000円以上は節約になりますしね。

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。





一人暮らしの学生さんで節約はしたいけどデータ容量はそこそこほしい人

一人暮らしの学生さんで節約はしたいけどデータ容量はそこそこほしい人の最適プランは以下の通りです。

  • 通話はしっかり抑えて(月5分以内)
  • その分データは多めにゆったりと5GB

この使い方が最適なプランだと思います。


節約はしたいけど、データはしっかりとほしいという学生さんが圧倒的に多いと思います。


そんな方はDMMの5GBのプランが最適で、通話はしっかりと節約することが条件になります。


5GBあれば動画をガンガン見なければ全く問題ない容量で、ゲームも普通に行えるので十分だと思います。もしも低速になったとしてもラインは十分使うことが出来るので安心ですしね。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

5GB通話Simプラン・・・月額1910円

通話料・・・30秒ごとに10円で5分しゃべると150円

トータル月額2060円

3大キャリアと比較すると6500円が2060円になるので毎月4440円も節約することができちゃいます。

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。





私がオススメする夫婦2人暮らしだったらこのプラン

私がオススメする夫婦2人暮らしの最適プランは以下の通りです。

  • 通話は定額を設定
  • その分データは少なく3GB

この使い方が最適なプランだと思います。


通話を定額にした理由は、今までキャリアを使っていた人はかけ放題が当たり前になっていたので、ついつい通話を使いすぎてしまうことが考えられる点と、家族間の通話自体も格安Simの場合は通話料がかかってしまうことを考えてです。


またデータに関しては少なめの3,1GBに設定しましたが、家にはスマホとは別の回線を引いていることが多いので家での通信量が抑えられることを考慮した設定になります。


もし家に光などの設備を入れていない人は5GBまで容量を伸ばしたほうがいいと思います。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」

3.1GB通話Simプラン・・・月額1600円

5分かけ放題・・・月額850円

1人当たり・・・月額2450円

2人トータル月額4900円

3大キャリア平均額と比較すると2人分13000円が4900円になるので毎月8100円も節約することができちゃいます。


かけ放題がついているので通話の心配もしなくていいのとデータも3GBあるので、今までのキャリアと同じ感覚で使えてここまで節約できるのは素晴らしいですよね。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





夫婦2人暮らしで共働き、通話もデータもそこそこほしい人

夫婦2人暮らしで共働き、通話もデータもそこそこほしい人の最適プランは以下の通りです。

  • 通話は定額を設定
  • データもたっぷり5GB

この使い方が最適なプランだと思います。


今までキャリアを使っていたという方でも問題なくほぼ今までと同じ使い方が出来るプランに設定しています。


それでも格安Simなのでトータルの料金は楽天モバイルを使用すれば半額以下になるのはもちろんです。


通話は5分間の話し放題で安心、しかもデータ通信も5GBついているので3大キャリアの基本的な容量のプランと同じなので今までと同じ使い方ができるので、すんなりと格安Simに乗り換えることができます。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」

5GB通話Simプラン・・・月額2150円

5分かけ放題・・・月額850円

1人当たり・・・月額3000円

2人トータル月額6000円

3大キャリア平均額と比較すると2人分13000円が6000円になるので毎月7000円も節約することができちゃいます。


今までのキャリアとおぼ同じプランを選択しているのにもかかわらず半額以下で抑えることができちゃいます。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





夫婦2人暮らしでとにかく節約をしたい人

夫婦2人暮らしでとにかく節約をしたい人の最適プランは以下の通りです。

  • 通話はできる限り抑えて月10分
  • データも抑えて1GB

この使い方が最適なプランだと思います。


通話に関しては、ライン電話などをうまく利用することで通話量を月10分に抑える代わりに1GBのデータ通信量をキープしています。


1GBだと若干少ないですが、その分かなりの節約にはなるプランです。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

1GB通話Simプラン・・・月額1260円

通話量・・・30秒/10円10分200円

1人当たり・・・月額1460円

2人トータル月額2920円

3大キャリア平均額と比較すると2人分13000円が2920円になるので毎月10080円も節約することができちゃいます。


夫婦2人でなんと3000円でおつりがくるかなり節約できるプランです。


若干使用量は制限されてしまいますが、これだけ毎月節約できることを考えるとそれでもいいよって人におすすめです。

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。





夫婦2人暮らしで1人は通話もデータも仕事で使うけど1人はデータがそこそこあればいい人

夫婦2人暮らしで1人は通話もデータも仕事で使うけど1人はデータがそこそこあればいい人の最適プランは以下の通りです。


通話もデータも仕事で使う人

  • 通話は定額を設定
  • データは標準の3GB



データがそこそこほしい人

  • 通話は月10分以内
  • その分データはたっぷり5GB



この使い方が最適なプランだと思います。


どちらもデータは3GB以上あるので、ある程度の使い方が出来るのと5GBあれば普通に使えます。


通話に関しては1人がかけ放題を付けているので夫婦間で電話をする時はかけ放題を付けている人からかければ通話料もかかりません。


5GBあれば十分ライン電話で賄えると思うので毎月の通話は10分以内に設定しました。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」

3.1GB通話Simプラン・・・月額1600円

5分かけ放題・・・月額850円

トータル月額2450円


5GB通話Simプラン・・・月額2150円

通話量・・・30秒/10円10分200円

トータル月額2350円


2人トータル月額4800円


3大キャリア平均額と比較すると2人分13000円が4800円になるので毎月8200円も節約することができちゃいます。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





夫婦2人暮らしで2人ともデータがしっかりとほしい人

夫婦2人暮らしで2人ともデータがしっかりとほしい人の最適プランは以下の通りです。

  • 通話はできる限り抑えて月10分
  • データはたっぷり5GB

この使い方が最適なプランだと思います。


通話に関しては、ライン電話などをうまく利用することで通話量を月10分に抑える代わりに5GBのデータ通信量を付けています。


5GBあれば動画を見てもゲームをやっても欲張らなければ十分使っていける容量になります。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

5GB通話Simプラン・・・月額1910円

通話量・・・30秒/10円10分200円

1人当たり・・・月額2110円

2人トータル月額4220円

3大キャリア平均額と比較すると2人分13000円が4220円になるので毎月8780円も節約することができちゃいます。


データをうまく活用して通話を控えて節約するだけで毎月8000円以上節約することが出来るプランになります。

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。





私がオススメする家族3人暮らしならこのプラン

私がオススメする家族3人暮らしの最適プランは以下の通りです。
家族の内訳は夫婦に小学生高学年から中学生までの子供で考えていきます。

  • 通話はかけ放題
  • データは基本データ量として3.1GB



この使い方が最適なプランだと思います。


通話に関しては、ストレスなく使うことのできるかけ放題をセット。


子供にもかけ放題を付けている理由は知らないうちに電話をかけていて予想よりも通話料がかかってしまったということがないように考えて付けておきました。


もし使っていくうえで通話をあまりかけなさそうな状況であればかけ放題を外せばいいと思います。


最適最安値プラン

「楽天モバイル」

3.1GB通話Simプラン・・・月額1600円

5分かけ放題・・・月額850円

1人当たり・・・月額2450円

3人トータル月額7350円


3大キャリア平均額(大人2人子供1人)と比較すると3人分18000円が7350円になるので毎月10650円も節約することができちゃいます。


プランの内容は3人ともにかけ放題と3GB以上のデータで設定しているのでストレスなく使い始められる、しっかりプランなのに、年間の節約料金は約13万円になるのでこれだけ節約できれば年間1回はタダで旅行に行けるくらい節約することが出来るプランです。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





家族3人暮らしで親2人はデータも通話もそこそこ使うけど子供のは節約したい人

家族3人暮らしで親2人はデータも通話もそこそこ使うけど子供のは節約したい人の最適プランは以下の通りです。
家族の内訳は夫婦に小学生高学年から中学生までの子供で考えていきます。


夫婦2人

  • 通話はかけ放題
  • データは基本データ量として3.1GB



子供1人

  • 通話は使わない前提で5分
  • データは低速のみで設定



この使い方が最適なプランだと思います。


夫婦2人は通話もデータもしっかりと設定して、子供に関しては通信データを低速のみのプランにすることでかなり通信費を下げることができます。


低速といってもラインやライン電話などは基本的にストレスなく使えるので子供に持たせるのであれば良いと思います。


インターネットなどの接続や動画に関してはかなり厳しいですが、変な動画やネットにつなげなくなるので逆に安全になるのかなっと思ってます。


ただし通話に関してはかけ放題にしていないので、毎月45分以上通話をするようであればかけ放題プランに変更したほうがお得になります。


ただ親2人はかけ放題に設定しているので親から掛ければ45分まで通話はいかないと思います。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」


夫婦2人
3.1GB通話Simプラン・・・月額1600円

5分かけ放題・・・月額850円

1人当たり・・・月額2450円


子供1人
ベーシック通話Simプラン・・・月額1250円

通話量・・・30秒/10円5分100円

1人当たり・・・月額1350円


3人トータル月額6250円


3大キャリア平均額(大人2人子供1人)と比較すると3人分18000円が6250円になるので毎月11750円も節約することができちゃいます。


このプランで抑えることが出来れば1年で14万円もの金額を節約することが出来るので家族3人の旅行代に十分当てることができちゃいますね。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





家族3人暮らしで父親は仕事で必要になるけど母親と子供はデータがそこそこあればいい人

家族3人暮らしで父親は仕事で必要になるけど母親と子供はデータがそこそこあればいい人の最適プランは以下の通りです。
家族の内訳は夫婦に小学生高学年から中学生までの子供で考えていきます。


父親

  • 通話はかけ放題
  • データは基本データ量として3.1GB



母親と子供

  • 通話は使わない前提で5分
  • データはしっかりと5GB



この使い方が最適なプランだと思います。


父親は仕事で使う前提で考えているので通話はかけ放題にして+3.1GBの容量をセットしているので今までと基本同じプランなので違和感なく切り替えができるプランです。


母親と子供に関しては通話を基本的にラインやライン電話などを利用して月5分に抑える計算で5GBのデータ量を取っています。


5GBあれば動画だったり音楽だったりしっかりと使うことが出来るのでストレス無く使っていけると思います。

最適最安値プラン

「楽天モバイル」


父親1人
3.1GB通話Simプラン・・・月額1600円

5分かけ放題・・・月額850円

1人当たり・・・月額2450円


母親、子供
5GB通話Simプラン・・・月額2150円

通話量・・・30秒/10円5分100円

1人当たり・・・月額2250円


3人トータル月額6950円


3大キャリア平均額(大人2人子供1人)と比較すると3人分18000円が6950円になるので毎月11050円も節約することができちゃいます。


このプランで抑えることが出来れば1年で13万円もの金額を節約することが出来るので家族3人の旅行代に十分当てることができちゃいますね。

楽天モバイルの詳しい紹介はこちら





家族3人暮らしでとにかく節約したい人

家族3人暮らしでとにかく節約したい人の最適プランは以下の通りです。
家族の内訳は夫婦に小学生高学年から中学生までの子供で考えていきます。


節約を考えるのでシェアプランをうまく利用していきます。

  • 通話は月10分以内
  • データは家族で分け合えるシェアプランを選択



この使い方が最適なプランだと思います。


シェアプランではトータルの容量を家族で使っていくプランになり、最低容量が3人で8GBのプランになります。


1人当たり約2.7GBあるので基本的にデータ量要はしっかりと取れるのでやり取りはラインやライン電話などを利用すれば通話を極力抑えることが出来ると思います。

最適最安値プラン

「DMMモバイル」

シェア通話Sim3枚プラン
8GB通話Sim×3枚プラン・・・月額4080円

通話量・・・30秒/10円5分100円

トータル・・・月額4380円


3大キャリア平均額(大人2人子供1人)と比較すると3人分18000円が4380円になるので毎月13620円も節約することができちゃいます。


このプランで抑えることが出来れば1年で16万円以上の金額を節約することが出来る最強の節約プランです。


話し放題がついていない、付けられないプランなので、話すぎてしまうと節約金額が減ってしまうので注意が必要です。

詳しいDMMモバイルの詳細はこちらから確認できます。




まとめ

いかがでしたか?使い方別に16パターンの最適で最安値になる格安Simを紹介してきました。


あなたに合った使い方はありましたか?もしもあなたに合った使い方が見つからないようであればこちらからお問い合わせを頂ければすぐに追加します。


ここまで見ていただいた方はお分かりだと思いますが、私がプランを組むときに考える格安Simは2つしかありません。


その格安Simは「楽天モバイル」と「DMMモバイル」です。


かなり格安Simについて調べて使ってきた私ですが、現状で考えたときにこの2つの格安Simが頭1つ抜けている存在だと感じています。


もちろん知名度という点からも安心度が変わってくるし、規模的なものからもこれからもっと伸びると予想されているからです。


その中でも私がオススメする最適最安値プランのすべては「楽天モバイル」です。


この理由は1つで「話し放題を付けれるのに価格が安くプランも選べる」からです。


繰り返しにはなってしまいますが、3大キャリアからの乗り換えの時に一番注意する点は、無理しすぎないで今と同じ使い方が出来るプランを選ぶことです。


節約しすぎてしまうと使い方に意識をしなければいけないので逆にストレスになってしまいマス。


かけ放題+3.1GBのプランであっても楽天モバイルでは十分通信費は節約することが出来るので安心してください。


さあ月々払いすぎているスマホの料金を節約して、節約したお金で幸せを手に入れちゃってください。


当サイト一押し3大格安simはこれだ

格安sim選びはこの3つの格安simさえ覚えておけばどんな使い方にも合わせられて最安値で格安simを使うことができますよ。


通話が多い方はもちろん、データ量がたくさん必要な方、家族が多くて支払いが大変な方、節約したい学生さんなどなど。


この3つの格安simは要チェック

  1. 楽天モバイル

    私が実際にスマホで契約している格安simです。
    プランはもちろん、価格に関しても満足できる設定をされているのに、楽天ポイントがたまったり、初月の基本料金が無料になったりと至れり尽せりだと感じてます。

    価格も2年間使い続けたときのトータル金額は格安simの中で最安値
    質も価格も文句なしの格安simです。

    楽天モバイル公式HPはこちらから

  2. LINEモバイル

    同一2位にランクインしたのがLINEモバイルです。
    ターゲットがしっかりとしていてわかりやすく合う人にはとことん合う格安simです。
    SNSが使い放題になるプランがターゲットを明確化していてかなりお得に!!

    SNSを頻繁に使っていてなおかつ通話はしないよって人にとってはLINEモバイル一択と言っていいほどドンピシャな格安simなので要チェック!!

    LINEモバイル公式HPはこちらから

  3. DMMモバイル

    こちらも楽天と同じで契約者が伸びている格安Simになります。
    プランはとにかく低価格になるように無駄をそぎ取って提供されています。
    安くて良いものを提供しようとする姿勢が素晴らしいと感じます。

    長期間使用する方は特にオススメの格安simですよ。

    DMMモバイル公式HPはこちらから




どちらの格安SIMも価格はもちろん、プランの内容やブランドとしての安心感も他の格安simの1歩上を進んでいます。


特に大手3キャリアからの乗り換えである以上「ブランドとしての安心感」って非常に重要になってくると思います。


間違えのない格安Sim選びの参考にしていただければ幸いです。