U-mobileを知る




U-mobileは様々なプランが提供されていてわかりにくい格安simだと思います。


U-mobile自体はもともと音楽配信で有名なUSENから独立した会社なので質的には問題ないと思うのですが、ここ最近の複雑な流れから見るとこの先どうなっていくのかがわからないのでしばらく様子を見たほうがいいと感じました。


U-mobileは1つの格安simというわけではなく、3つの格安simがそれぞれ別々で用意されている感じです。


・通常のU-mobileプラン


・通話に特化したU-mobilesuper


・使い放題に特化したU-mobilepremium


この3つは同じU-mobileが運営しているのですが、それぞれ違う回線を使用しているのでプラン変更などは行うことができません。


そんなU-mobileについて少しでもわかりやすく紹介していきます。


本当であればメリットとデメリットを紹介していますが、U-mobileは非常に複雑なため先にプランと価格を紹介していきたいと思います。

U-mobileの通常プランと価格一覧

U-mobileプラン料金表


通常のU-mobileプラン一覧はこんな感じです。


現在はLTE使い放題の新規申し込みは受付を終了しているので、通常のU-mobileプランでLTE使い放題を申し込む場合はUSEN MUSIC SIMというUSENが使い放題になるプランに申し込む必要があります。


価格は通常の使い放題と同じなので音楽をたくさん聴きたいという方にはお得なプランになります。


しかし通常のプランには通話が定額になるプランがないので通話を多くする方は厳しいプランになると思います。


またこの通常のU-mobileプランはフリービットと呼ばれる回線を使用しているのですが、この回線が不安定なので正直使い放題プランに加入していても使えないことが多く通信速度が安定しません


私自身はいくら無制限に使用できるといわれても速度がここまで安定しないのであれば安くても使えないという結論でした。


しかも使い放題プランと言われていても3日間の制限が3日間で2GB近く使うとそのあとは低速に制限されてしまうので、実質使い放題ではないです。

U-mobilesuperプランと価格一覧

次のプランはU-mobilesuperです。


このプランの最大の特徴は通話が10分間話し放題となる点です。


通話を重要視する方はこの10分間話し放題になるのは非常にメリットが高いです。


価格とプランはこんな感じ



プランは3つあってそれぞれ1GB、3GB、7GBにわかれています。


今なら、プランごとの容量が2年間2倍になるキャンペーンと1年間基本料金1000円割引になるキャンペーンが行われています。


2GB+10分話し放題で1年目は1980円、2年目以降は2980円(ただし2年目以降は1GB)


6GB+10分話し放題で1年目は2980円、2年目以降は3980円(ただし2年目以降は3GB)


12GB+10分話し放題で1年目は3980円、2年目以降は4980円(ただし2年目以降は7GB)


10分間という長めの話し放題が付いたプランは他の格安simにはないので通話が長引くという方に取って見ればうれしいプランです。


ただしこのU-mobilesuperって実はY!モバイルと全く同じプランで価格も同じ内容になっています。


ちなみに回線もY!モバイルの回線を使用しています。


早く言ってしまえばこのU-mobilesuperは名前が違うだけで実はY!モバイルなんです。


しかも他の格安Simと違って最低利用期間は24か月になってしまうのでこちらもやっぱりY!モバイルと同じ。


価格から見ていくと2GBプランで初めの1年は1980円2年目は2980円で2年間は使用しなければいけないので1か月あたりは2480円。


しかも3年目以降は2980円でデータも1GBになってしまうのでかなり割高になってしまう価格になっています。


2年間使用した時のトータルの価格は割引も含めて59520円。


ちなみに楽天モバイルであれば3.1GBプランに5分間のかけ放題を付けたとしても2年間で割引を入れて55594円。


話し放題は5分になってしまいますが、5分あれば基本問題ないということとデータ容量も1GB以上多いのでそれだけでもお得だし、3年目も同じデータ容量で価格も同じなので長く使えばよりお得になります。


ちなみに2年後はデータ容量も少なくなってしまうのでプランを1つ挙げて3GBに変更するか、解約するかになると思います


さすがに1GBだとすぐに容量がなくなってしまいますからね。


ただし何度も言っているようにこのプランはY!モバイルなんで通信の質自体も格安simに比べると圧倒的に安定しているので通信の安定を取るのであればお勧めですが、であれば別にU-mobileで申し込まなくてもY!モバイルで直接申し込んだほうがいいと思います


当サイトではY!モバイルは格安simに分類していないのでキャリアスマホとして紹介していますが、理由は単純で通信料が半額にならないからです。


使う前提で契約するのであれば最低でも3GBは欲しい、そうすると基本料金が3980円、1年目は2980円で安くなったとしてもキャリア平均額が6500円であることを考えると選択肢に入ってきません。


2年間だけ一番下のプランで使って2年後に変えるのであればそこそこ安くはなりますが、移転料や初期費用、変更の手間を考えると現実的ではないと思います。

U-mobilepremiumプランと価格一覧

U-mobilepremiumではLTE回線の使い放題が提供されているプランで、何がプレミアムかというと回線を借りている会社をフリービットからIIJmioの回線に変更された点です。


どちらも基本はドコモの回線を使用している会社ですがIIJmioは安定して通信ができるといわれており、通信の質を上げたからプレミアムがついているということです。


価格はもともとの使い放題のプランと全く同じ価格で提供されていて使い放題プランとしては安すぎるプランです。





データだけであれば2480円で使い放題


通話もプラスすると2980円で使い放題になります。


プラスして通話料が発生するので通話を多く使う人にはいくら使い放題だからといってお勧めできませんね。


ただしこの価格で使い放題を提供できるというのは非常に疑問です。


私はこのU-mobilepremiumは使用してませんが通常のU-mobile使い放題は試していましたが同じ価格で契約していましたが、使える時と使えない時の差が激しくって正直いくら安くても契約を続けようとは思えませんでした


IIJmioの回線を使っているということは質は保たれていますが、IIJmio自体の回線の速度が落ちてきていることを考えると、さらに価格を安くしているので通信の質は良くても回線が混雑してしまうことも多くなると予想されるのであまりオススメできません。


IIJmioでは10GBのプランで通話を付けると3260円となり。10GBの価格より安く使い放題が提供されているのはかなり疑問ですね。


しかも通常プランの使い放題と同じようにプレミアムの使い放題でも3日間の通信制限が設けられていると書かれているので、どこまで使えるかがわからないと思います。


ただし、今後はこのpremiumの使い放題プランのほかにも1GBプランや5GBプランなどを追加していく予定みたいです。


私の予想では、その他のプランが追加されるタイミングで、通常のプランが少しづつ無くなり最終的にはプレミアムかスーパーの2つのベースが残っていくように感じます。


もしも使い放題プランがどうしてもいいのであれば、WiMAX+2を契約してスマホのデータ量を一番下のプランに変えたほうがバランス的にはいいと思います。

U-mobileのメリットデメリット

料金プランと価格から見ていきましたがそれぞれのプランに加入するメリットとデメリットを見ていきましょう。

U-mobile通常プランの場合

・メリット

  • USENの音楽が効き放題になるプランがある

・デメリット

  • 通信の質があまり良くない
  • 使い放題は使えない

U-mobilesuperプランの場合

・メリット

  • 10分間の通話定額になる
  • 回線がかなり安定する

・デメリット

  • 高くて通信費が半額にならない
  • 長期契約がしにくい
  • Y!モバイルで申し込んだほうがお得
  • 2年縛りが長すぎる

U-mobileプレミアムプランの場合

・メリット

  • 低価格で使い放題を選べる

・デメリット

  • 通信の質があまり良くない
  • 通話の定額がない



それぞれのプランのメリットデメリットはこんな感じです。


トータル的にみると現時点ではお勧めできない格安simになると思います。



U-mobileの契約について知る

実際に申し込みを行うには基本料のほかに以下の料金がかかってきます。

初期費用について

事務手数料:3,240円

解約期間について

データsim契約の場合
・解約期間の設定なし


SMS付きデータプランの場合
・解約期間の設定なし


通話付きデータプランの場合
通常プランの場合
・最低利用期間が6ヶ月
6か月以内の解約で契約解除手数料6000円


SUPERプランの場合
・最低利用期間が24ヶ月
24か月以内の解約で契約解除手数料9800円
3か月以内の短期解約の場合は上記にプラス3000円


PREMIUMプランの場合
・最低利用期間が12ヶ月
12か月以内の解約で契約解除手数料1000~12000円
使用月が1か月経てば、解約違約金が-1000円
6か月利用すると-6000円なので違約金は6000円
ただし利用開始月を0か月としたうえで計算

電話番号の移行について

電話番号の移行についてですが、切り替え自体がネット上で簡単に行えるようになったため、スマホが使えなくなる期間は1時間程度とかなり短縮されました。


切り替え方法は

  1. 今契約しているキャリアのMNP予約番号を取得する
  2. BIGLOBE SIMと契約する
  3. simカードが届いたら開通センターに連絡して切り替えを行う

簡単に言うとこの3ステップです。


切り替えはすぐに行われるので基本的に普通になる時間はないです。

ドコモ以外で契約している人の注意点

BIGLOBE SIMはドコモの通信システムを利用した格安simなのでドコモの携帯を使用している人であればsimカードを差し替えるだけですぐにスマホを使用することが出来ます
(ただしandroidはデザリングが出来なくなります。)


しかしauやソフトバンクと契約している人はドコモのようにただsimカードを差し替えるだけではスマホを使用することができません。


基本的にキャリアスマホにはそのキャリアしか使えなくするために、simカードにロック機能を付けています。


このロック機能があるのでキャリアが違うから使えないよとなってしまうんです。


しかし、auもソフトバンクも2015年5月以降に発売されたスマホに関しては180日以上経っていればシムロックを解除することが出来るので店頭やネットから申し込みが行えます。


ただしauの端末では通信回線の構造が、ドコモやソフトバンクと違う構造になっているのでSimロックを解除したとしても、DMMモバイルで使えるとは限らないということに注意してください。


基本的にはSimフリーにさえすれば使えるのですが、機種によってはsimフリーにしても使えなかったという事実もあるようなので、必ず使用できる機種の一覧をDMMモバイルのHPで確認してください。


確認してもわからないようであれば問い合わせてみると確実ですよ。


auを使っていてなおかつ今使っている端末を確実にそのまま使いたいよって人は、au回線を利用しているマイネオ、IIJmio、UQ mobileの3社から選んで契約することになります。


またU-mobilesuperプランの場合はY!モバイルの回線を使用しているため、ドコモの端末であっても事前にSimロックを解除する必要があります。


ソフトバンクも同様ですが、Y!モバイルの端末のみ差し替えるだけで使用することができます。


auに関しては上記の通りです。


電話番号の切り替え方法やsimロックの解除方法については別で詳しく紹介しますのでお待ちください



データ関連について知る

データ関連については多くの人が一番気になる項目だと思いますは初めに上げた通り、回線は価格を安く設定するために質が良くありません。


通信速度に関しては早いときと遅いときの差が激しいので使いたいときに使えなくなることも出てきてしまうというのが私の感想です。


プレミアムプランは実際に使用したことがないのでわからないですが、ネットで調べる限りあまり変わっていないようなのでお勧めできませんね。


ただしY!モバイルの回線を使用している通話定額の付いたSUPERプランに関しては価格やサービスなどがY!モバイルと全く同じになっていることから考えると、速度もY!モバイルと同等の数値が出ると予想されます。


ですので、独自の回線を持っているY!モバイルは格安simと比較すると圧倒的に安定した通信速度が出ているためSUPERプランも安定していると考えられます。


まあその分価格も高く設定されているので、あたりまえなんですがね。

速度制限について

速度制限に関しては通常プランおよびプレミアムプランの使い放題プランに3日間制限が設けられています


ただし公式にはどの程度使用すると速度制限がかかるかというのが公開されていないためあくまで予想として公開しますが、私が実際に通常プランの使い放題プランに申し込んでいた際は3日間で2GB使うと次の日から速度制限がかかってしまいました


PREMIUMプランのほうは実際に使用はしていませんが、3日間制限があることは間違いありません。


ですので使い放題といいつつも実際は速度制限がかかってしまうので、Maxで使用しても月20GB程度しか使えない計算になると思います

データの持越し

通常プランのデータ定額プランに関してはデータの持越しができません。


いまどきデータの持ち越しができないっていうのはどうかと思います。


もちろん使い放題だからできないのならわかりますが、5GBプランであまた1GBは翌月に持ち越せないというのはかなり遅れています。



U-mobileの端末について知る

現在U-mobileの端末が一緒に購入できるのは通常プランのみになります。


話し放題のU-mobilesuperおよび使い放題のU-mobilepremiumに関してはセット端末が購入することが出来ないので、契約をする際はsimフリーのスマホを自分で用意する形になります。


ただしU-mobilepremiumに関しては端末も一緒に購入できるようになるかもという噂が入ってきているので、端末の紹介はU-mobilepremiumで端末を購入できるようになってからまとめて紹介して行こうと思います。


端末のセットで考えるのであればやはり価格も安い楽天モバイルが圧倒的におすすめです。


端末購入に一番おすすめな楽天の機種一覧はこちらから確認できます。

【楽天モバイル公式HPへ】


キャンペーンについて知る

U-mobileでは、無料トライアルキャンペーンを行っています。


このキャンペーンのすごいことは、本当に2か月間無料で5GBのデータSIMを使うことが出来ちゃいます。


もしも使わなかったら2か月以内に解約の連絡さえすれば1円もかからないで実際に試せるというのは素晴らしいですね。


これを利用すれば実際に住んでいる地域でどの程度の速度が出るのかを試すことが出来るので安心して契約ができます。


特に格安simを今まで一度も使ったことがない人は無料トライアルは良い機会だと思います。

無料トライアルキャンペーン

期限未定


2か月間タダで使えるキャンペーン。


実際に2か月間以内であれば5GBのデータSIMの基本料金2ヶ月分と初期費用が無料。しかも2か月以内の解約であれば解約金もないので実質0円で使えます。

3ギガ500円割引キャンペーン

2016年10月5日~2017年1月31日


3GBの通話プランを契約すると最大6ヶ月間、月額基本使用料を500円割引



実際に1年間使うとかかる費用はこのくらい

ではここまでU-mobileについて長々と説明を行ってきましたが、すべてをトータルして考えたときに1年間で一体どの程度の価格になるのかを計算していきたいと思います。


基本的プランはすべての格安simで同じプランを使用します。

  • データは3GB
  • 通話は話し放題がある場合は話し放題、ない場合は月に通話時間を30分として計算したときに掛かる契約から1年間使用した場合にかかる費用。

U-mobileを1年間使った時の費用

3つのことなったプランがあるのでどのプランにしたらいいのか迷いましたが、使い放題は金額が高くなるので今回は通常プランで計算してみました
基本料金


3GB通話Simプラン 1580円/月


通話料 30秒/20円  1200円/月


契約時の事務手数料 3280円/初回のみ


1年間使用すると合計で36640円


割引


3ギガ500円割引キャンペーン -3000円


実際に1年間で払う料金 28680円


U-mobileは1年間使用して33640円で通話とデータプランに加入できるという結果になりました。


ちなみに1年間の使用料金の最安値は何度もとり上げている楽天モバイルでした。


楽天モバイルは1年間の使用料金は26194円でスマホを使用することができます。


しかも通話は5分間のかけ放題を付けたプランなので通話もデータもストレスフリーで使用できるプランになっちゃいます。



U-mobileが向く人向かない人

最後にU-mobileはいったいどんな人が加入すれば幸せになれるのかをまとめていきたいと思います。

U-mobileにすると幸せになる人

  • 通信は不安定でも使い放題がいい人

U-mobileにすると損する人

  • 端末を購入したい人
  • 長電話を月に2時間以上する人(1回の通話時間)
  • 安さにこだわりたい人
  • データ量はそこまでいらないよって人



こんな感じです。

まとめ

長々と紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。


私の中でU-mobileをいろいろと調べてみた結果、この先方向転換がありそうだと思いました。


特に通常のプランではプレミアムの使い放題が出てきた段階で、通常プランの使い放題の受付が停止という事実とプレミアムプランでも1GBや5GBのプランが出るかもしれないといわれているので、徐々に移行されていくのではないかと。


であれば今通常のプランに加入するのは危険だと思うことと、通常プラン以外では通信費をキャリアと比較して半額まで落とすことが出来ないので、今は様子を見たほうがいいと思います


今後のプランと質の改善に期待したいと思います。


皆さんはどう感じましたか?


より詳しい内容は公式HPをご覧いただければと思います。

【U-MOBILE公式HP】



当サイト一押し3大格安simはこれだ

格安sim選びはこの3つの格安simさえ覚えておけばどんな使い方にも合わせられて最安値で格安simを使うことができますよ。


通話が多い方はもちろん、データ量がたくさん必要な方、家族が多くて支払いが大変な方、節約したい学生さんなどなど。


この3つの格安simは要チェック

  1. 楽天モバイル

    私が実際にスマホで契約している格安simです。
    プランはもちろん、価格に関しても満足できる設定をされているのに、楽天ポイントがたまったり、初月の基本料金が無料になったりと至れり尽せりだと感じてます。

    価格も2年間使い続けたときのトータル金額は格安simの中で最安値
    質も価格も文句なしの格安simです。

    楽天モバイル公式HPはこちらから

  2. LINEモバイル

    同一2位にランクインしたのがLINEモバイルです。
    ターゲットがしっかりとしていてわかりやすく合う人にはとことん合う格安simです。
    SNSが使い放題になるプランがターゲットを明確化していてかなりお得に!!

    SNSを頻繁に使っていてなおかつ通話はしないよって人にとってはLINEモバイル一択と言っていいほどドンピシャな格安simなので要チェック!!

    LINEモバイル公式HPはこちらから

  3. DMMモバイル

    こちらも楽天と同じで契約者が伸びている格安Simになります。
    プランはとにかく低価格になるように無駄をそぎ取って提供されています。
    安くて良いものを提供しようとする姿勢が素晴らしいと感じます。

    長期間使用する方は特にオススメの格安simですよ。

    DMMモバイル公式HPはこちらから