スマモバのモバイルWi-Fiルーターを徹底解剖

スマモバ


このスマモバというモバイルWi-Fiルーターはドコモの回線を利用したサービスになります。


基本的には格安simと同じ体制でドコモから回線を借りてその回線を使用することによってモバイルWi-Fiルーターを契約しています。


広告も多く、ネットなどを利用している人は良くスマモバという高速LETが使い放題というのを見たことがあると思います。


しかしそんなスマモバの質はというとかなり低く、契約した人からの声を見てみるとそのほとんどはデメリットになる口コミだらけでした


実際に親戚の人がスマモバを契約していたので実際に使わせてもらいましたが、正直使えるレベルではありませんでした。


解約したいにも解約料金がかかるのでしばらく使わなくてはいけないと嘆いていたレベルです。


見た目だけ見れば、docomoの高速LTEが使い放題で月3980円というのは相当素晴らしいです。


ただしそもそもそんな価格でdocomoのLTEが使い放題になるというのはおかしいというのが私の考えです。


だってdocomo自体はモバイルWi-Fiルーターを毎月5GBの契約で6400円掛かるというのに、回線をdocomoで借りている業者がこの契約で行えるはずないんですから。


そんなスマモバのすべてを見ていきましょう。

スマモバのプランと価格




料金プランはこんな感じです。


これ以外にも5GBプランなどもあるんですが近プランだけ見ていただければ十分。


まず月の基本料金が3480円です。


端末代金の36回分が終わった後はこの基本料金のみの価格になります。


ただし端末代金は500円なので、36回で計算すると18000円ということになります。


そもそも端末料金がかかること自体、モバイルWi-Fiルーターでは珍しいです。


さらに言うとこの端末代金が36回払いになっているというのも問題で、契約自体は2年契約でそれ以降は解約金がかからないとなっているんですが、端末代金が残ってしまっているので、2年で解約すると。1500円の端末代金×12ヶ月分の18000円が実際はかかってしまうんです。


これも解約金がかからないってなっているのにおかしいですよね。


実際になにもかからないで解約するためには3年間使わないといけないということを知っておいてください。


ちなみに2年以内で解約した時の解約金は9800円+残りの端末代金になりますのでかなりの高額な解約金が必要です。


基本料金の3480円というのはLTE回線が使い放題であるのならばかなり格安な料金設定ですが、そのからくりは後ほど紹介します。

各種サービスの一覧

ここからはスマモバのモバイルWi-Fiルーターを使う上で知っておかなければいけない項目を紹介していきます。

事務手数料

スマモバに契約する際は上記の月々の金額のほかに事務手数料が発生します。


1契約につき事務手数料:3000円(税抜き)


ただし現在は事務手数料の3000円が無料になるキャンペーンを行っています。

ネットワーク

使用しているネットワークはdocomoの回線のLTE回線を使用しているのでほとんどの地域で使用することのできるネットワークを持っています。

使用エリア

使用エリアに関しては上記でも挙げている通りdocomo回線を使用しているので人口カバー率は99%を超えて広い範囲で使用することが出来ます。


またLTE回線は800Mhzという回線なので建物などの障害物に強く、地下鉄やオフィス街などでも繋がりやすい設計になっています。

速度と制限

とネットワークやエリアに関しては相当良さそうに感じてしまったと思いますが、実際に使用しているのは本当なので嘘はないです。


しかし問題はつながったとしても使い物のになるのかということ。


そもそも繋がるのはいいけど、遅すぎて実際はつながっていないのと一緒という口コミが非常に多いのがこのスマモバでした。


これがLTE使い放題で月額3480円という設定になるからくりなんです。


要は質が低いから安く提供できるということ。


さらには、使い放題という言葉にも問題アリ


3日で3GBを使用すると速度制限の対象になってしまい、速度制限時は200Kpbsまで速度が低下してしまうのでモバイルWi-Fiルーターとしては使い物になりません。


スマホであれば、ラインなどは何とか使用することが出来るレベルなので我慢できますがモバイルWi-Fiルーターでは我慢できない速度


これを使い放題としていること自体疑問。


しかも速度制限がかかっていないときにも速度が300Kpbs前後ということもあったので制限がかかっていなくても使えない。(実体験)


こんな質だからこの価格で提供できる。


docomoと同じ質で契約できるおするのであればLET使い放題で1万円は超えます。

端末紹介

スマモバの端末は1種類のみになります。

+F FS030W
  • 受信時最大150Mbps
  • 連続通信時間:最大20時間(LTE通信時)
  • 接続可能数:15端末
  • 実質負担端末代金:18000円



端末に関しては選べないのでどうと言うのは言えませんが良くもなく悪くもなくというレベルです。

私的まとめ

いかがでしたか。


まあ見ていただければおわかりいただけたと思いますが、契約してはいけないモバイルWi-Fiルーターです。


実際に契約してしまった親戚は非常に後悔していました。


皆さんは後悔しないようにしっかりとモバイルWi-Fiルーターを調べてから契約するようにしてくださいね。


より詳しい説明は公式HPをご覧ください。

【スマモバの公式HP】






モバイルWi-Fiルーターはこれで決まり

当サイト一押しのモバイルWi-FiルーターはWiMAX2+になります。


いろいろなモバイルWi-Fiルーターを調べつくして使ってきましたがその中でもWiMAX2+が1つも2つも抜けた存在だと思います


WiMAX2+を一度調べてみていただけるとその理由がはっきりとわかると思います。


外でも中でも自由に使えるモバイルWi-Fiルーターに興味を持たれている方はWiMAX2+を知らないと損しますよ。


かなり細かいところまで調べつくした情報をわかりやすくまとめてみました。

WiMAX2+のプランや価格を徹底的に分析した結果を大公開


月々を徹底的に安くするならこのWiMAX2+

  1. BroadWiMAX

    月々 5.0
    バック 1.0
    トータル 4.0
    月々費用(平均額):
    3354円(税込)
    キャッシュバック:
    0円

    BroadWiMAXは月々の費用を徹底的に抑えるプランが非常に魅力的なWiMAX2+になります。

    受け取り忘れがあるキャッシュバックよりも確実に割引になる月額割りなので安心して契約できるのがポイント

    月々3354円はWiMAX2+最安値なので月々の支払いを安くしたい人に最適です。

    詳しくはこちらから

    BroadWiMAX公式HPはこちらから


  2. トータルの費用を徹底的に安くするならこのWiMAX2+

    1. GMOとくとくBB WiMAX2+

      月々 3.5
      バック 5.0
      トータル 5.0
      月々費用(平均額):
      4208円(税込)
      キャッシュバック:
      33000円

      キャッシュバックが33000円にもなるWiMAX2+はGMOとくとくBBだけ

      受け取り忘れさえしなければキャッシュバックを計算するとWiMAX2+のトータル費用で圧倒的にお得に!!

      キャッシュバック率がWiMAX2+で最大なのでトータル費用も最安値になるのでとにかくお得にこだわりたい人に最適。

      詳しくはこちらから

      GMOとくとくBB WiMAX2+公式HPはこちら